ここから本文です

蛭子能収のゆるゆる人生相談「モテるためには『ゴディバ』」

5/8(月) 11:00配信

女性自身

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(69)が、本誌読者からの相談に答える!

【Q】「今年こそ結婚したいので“好感度を上げる会話法”や“40歳からモテる術”といった本を読みまくっていますが、今のところ浮いた話もなく……。女性を振り向かせる技術が知りたいです」(神ギスカンさん・40・会社員・東京都)

【A】「女性にモテるための切り札は『ゴディバ』のチョコレート」(蛭子能収)

 この前、2万円だけ持って長崎の大村競艇場に行きました。が、あっという間にスッてしまいました。前までの軍資金は10万円でした。今は遊ぶ金が減らされているんだから、本命だけに絞れば勝てたかもしれません。まして、万舟(高配当の舟券)が出にくい大村競艇場です。それでも50年続けている“大穴狙い”を曲げたくありません。いつか当たるときが来るんです。

 アナタも、自分を飾ったりしないで、素のままでいたほうがいいですよ。いずれモテるときが来るかも……。もし来なかったら、それはしょうがないことですよ。

 ただ女性を振り向かせるだけだったら「ゴディバ」がいいですよ。「ゴディバ」のチョコを初めてもらって食べたときに、あまりのうまさと値段に驚きました。それからは、オレが主催者の女性競艇選手だけの「蛭子杯レース」の賞品はオレのサイン色紙と5,000円の「ゴディバ」にしています。優勝した女性選手はチョコだけを喜びます。女性に注目されたかったら「ゴディバ」です。

最終更新:5/8(月) 11:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2782号・7月11日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

ベンガル 妻が認めた朝加真由美との不倫
大地真央 夫が認めた結婚10年目の別居生活
松居一代 船越英一郎が怯えたGPS24時間監視