ここから本文です

NBAプレーオフ「天国への3点シュート」に米感動 涙の勝利「辛いよ、本当に辛い」

5/8(月) 19:56配信

THE ANSWER

試合開始直前に祖父の死、ロケッツ・ビバリー「みんなが僕にプレーを望んだ」

 NBAの西地区プレーオフは7日(日本時間8日)、3位のロケッツが2位のスパーズを125-104で下し、対戦成績を2勝2敗とした。この大一番で悲劇を乗り越えてコートに立ち、「天国への3点シュート」で感動を呼んだのが、ロケッツのポイントガード、パトリック・ビバリーだ。米紙「USAトゥデー」が動画付きで紹介し、話題となっている。

【動画】米で感動を集めるビバリーの「天国への3点シュート」

 記事によると、ビバリーは祖父の死を試合開始の数時間前に知り、突然の悲報にロケッツのロッカールームには複雑な感情に包まれたという。シングルマザーで育ったため、祖父の存在は非常に大きかったといい、ロッカールームでは涙を流すビバリーをコーチ、チームメートらが懸命に励ます光景が見られたことを紹介している。

 しかし、ビバリーは折れそうな気持ちを奮い立たせ、コートに立った。しかも、スタメンだ。そして、両チームの初得点を決めたのが、この男だった。

 記事では、感動のシーンを動画付きで紹介。味方からパスを受けたビバリーが鮮やかな3点シュートを決め、指を空に向けた。「天を指す仕草を見せ、祖父への思いを表した」と記し、「天国への3点シュート」を振り返っている。

 試合はロケッツが快勝。試合後の記者会見でビバリーは、困難を迎えながら試合に出場した心境について質問をされ、涙ながらに語ったという。

「彼は僕のジャージを毎日、着てくれた」…天国に勇姿を届けたビバリー

「家族やシカゴにいる親類みんなと話をしたら、みんなが僕に今夜プレーすることを望んだんだ。僕は強い男だし、いろいろなことに対処できる。ただ、苦しんでいる人には為す術がない……。彼は苦しんでいたけど、きっと今はもっといい場所にいることだろう……」

 さらに、こうも語った。

「みんな、僕がいつだって情熱を傾けてきたことを知っている。そういった道筋には、常に支えてくれる存在がそばにいてくれたんだ。彼は僕のジャージを毎日、着てくれていたんだ。そんな人がいなくなってしまうのは辛いよ、本当に辛い」

 悲しみを乗り越えて大一番で天国に勇姿を届けたビバリー。誰よりも応援してくれた祖父も喜んでいるだろう。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:5/8(月) 21:20
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。