ここから本文です

吉田麻也、強豪完封でチーム最高タイの評価。「リーダーシップ発揮した」

5/8(月) 6:01配信

フットボールチャンネル

 現地時間7日に行われたプレミアリーグ第36節でサウサンプトンはリバプールと対戦し、敵地で0-0と引き分けた。英紙『デイリー・ミラー』は、DF吉田麻也にチーム最高タイの評価を付けている。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 名門リバプールの本拠地に乗り込んだサウサンプトンは、相手DFジェームズ・ミルナーのPK失敗もあって最後まで得点を許さなかった。

 『デイリー・ミラー』は、ミルナーのPKを止めたGKフレイザー・フォースターに「8」を付けてマン・オブ・ザ・マッチに選出している。それでも、吉田も「8」と同等の評価をし、「チームで静かな選手だが、今シーズンはアンフィールドでリーダーシップを発揮した」と記した。

 リーグ2位タイの得点数を誇るリバプールの攻撃陣をシャットアウトしたサウサンプトンだが、4試合連続で白星を逃している。この4試合で3試合は無得点だった攻撃陣の奮起が待たれるところだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)