ここから本文です

「あの小さな頭で反省するかな?」「どうかしてるわ」「恥ずかしいです」……『サザエさん』でイクラへのディスがひどい

5/8(月) 18:00配信

おたぽる

 5月7日にTVアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)が放送され、いつもと同じようにネット民たちが楽しそうにツッコミを入れながら視聴していたので、ネットの声とともに内容を紹介したい。

 この日最初に放送されたのは作品No.7622の「イクラはカラコロ」。ノリスケが買ってくれた下駄を気に入って毎日履いているというイクラが磯野家にも下駄を履いて訪れた。なぜそんなに下駄を気に入っているのかというと、“カラコロ”と音を立てて歩くことでみんなに注目されるからだとか。回想シーンでは女子学生から「カワイイー」と言われて喜んでいるイクラの姿が描かれ、ネットでは「あざといガキだな」「エロガキめ」「チャラ男イクラ調子にのんな」と嫉妬の声が。

 カツオも下駄で目立とうとするイクラに、「僕は履物では勝負しないよ」と否定的。「じゃあ何で勝負するのよ」と問われると、「顔に決まってるじゃないか!」とさらりとナルシスト発言もかました。

 だが、そんなカツオの発言を聞いてもイクラは下駄を履き続ける。「ママと下駄のどっちが好き?」と聞かれても下駄だと言い張り、これにはワカメが「ママより下駄が好きなんてどうかしてるわ」とイクラをディスる。ついでにタラオも「(下駄を履くのは)恥ずかしいです」とイクラディスりにのっかる。

 しかし物語の最後に、イクラは急に下駄を履くことをやめた。「母親より下駄が好き」発言をさすがに反省したのだろうとサザエは推測していたが、カツオは「あの小さな頭で反省するかな?」と最後まで強烈にイクラを批判。公式のなかなかの毒舌っぷりには「辛辣すぎじゃないですかね」「ちょっと煽りすぎだろwww」とネット民ですら驚くのだった。

 続いては作品No.7616の「おてんば一番」。この話ではサザエのおてんばぶりがふんだんに描かれた。中島が宿題中のカツオに野球の誘いをすると、なぜか代わりにサザエが参加。テレビでバレエを見ると、足を高くあげる練習をして廊下で何度も横転。バドミントンのシャトルをとるために屋根にのぼると、そのままポーズを決めて街を見渡す、歌を歌う、その場所から大声で酒屋に「お味噌頼むわ!」「ビールと日本酒も!」と注文するなどやりたい放題。「これはマジでヤバいやつ」「おてんばとかのレベルじゃない」とツッコミが飛んでいた。

 最後は作品No.7625の「もてもてマスオさん」。どこにいっても何かと人に頼られてモテモテのマスオ。ワカメとタラオとのお遊びが一段落したかと思えば、カツオたちの野球の試合の助っ人に呼ばれ、その帰りにはタラオの友人・リカちゃんのおままごとにも付き合わされるなど引っ張りだこ。早川さんとかおりちゃんもサザエに対し「すてきな旦那さんでうらやましい」と言って、マスオを絶賛していたのだという。

 ところがモテすぎるがあまりに事件が発生。なんと会社の自分のデスクでラブレターを発見してしまったのだ。当然、会社の誰かが自分のことを好きなのではと勘ぐるマスオ。人目を気にしてラブレターをすぐにあけることはできなく、仕事後に外で開けようと試みる。ラブレターがサザエや波平にバレたら大変なことになるのではと、異常なまでに心配するマスオだったが、実はこのラブレターはサザエが書いたものだった。

 日頃の感謝の気持ちをラブレターで送るという粋な試みをしてみたのだが、それがかえってマスオにとんでもない負担をかけてしまっていたというオチに、「なんだそんなオチか」「さすがに昼ドラみたいな展開にはならんか」と少し肩を落とすネット民。GW最終日でも特に変わることなく平和な『サザエさん』であった。

最終更新:5/8(月) 18:00
おたぽる