ここから本文です

レコード復権を支える「次世代レコードプレス・ロボット」

5/8(月) 18:30配信

WIRED.jp

世界的に進む「レコード復権」の流れのなかで、ヴァイナル(レコード盤)をプレスするマシンにもイノヴェイションが起きている。稼働する「次世代プレスマシン」を見に、米テキサスの工場へ行ってきた。

21世紀のレコード革命が待ち続けてきたレコードプレスマシン

かつて、レコードは“選ばれし媒体”だった。20世紀の半ばにはSMTやLened、Toolexといった企業の巨大油圧可動式レコードプレス・マシンが稼働し、戦後の音楽産業の活力源たるご機嫌なレコードをひっきりなしに産み出していた。

1980年代半ばにはCDが登場し、プレスマシンのほとんどがごみ廃棄場か倉庫で最期を迎えることになるのだが、この物語は、(一見古くさい)ウェス・アンダーソンの映画のように展開する。経験したことのないはずものに郷愁を感じるミレ二アル世代によって支えられて、レコードは驚くべき復活を遂げるのだ。その流れは、いまや一時的なブーム以上のものになっている。お金の匂いに敏感な大手3レーベルはかつての廃盤を再発し、テクニクスはターンテーブル「SL-1200」の製造を再開した。レコード盤は、自らの世界的な祝祭的な時を迎えたといってもいい。

古いレコードプレス機は、にわかにひっぱりだこになった。1960年代に稼働していたモデルは、まるで核爆弾投下後のオーストラリアの奥地にあった個人レコード工場から直接届いたような代物だが、現代のハイエナ的市場においては、常軌を逸した価格がつけられている。しかし、これらの奇妙な機械装置は、米国に現存する18カ所のレコードプレス工場、および世界の30カ所の工場で稼働している。

レコードプレスのIoT

しかし、いま、ここに変化が起きている。それは“ネット上の新しいレコードプレス・マシン”だ。高額なMRI装置を設計してきたカナダの研究開発者たちが発明した「ウォームトーンレコードプレス」は、ヴィンテージ品にないものを備えている──安全で、速くて、完全自動で、クラウドベースのソフトウェアで稼働し、iOSで操作できるのだ。Viryl Technologiesというカナダ・トロントの企業がつくった195,000ドルのマシンは、21世紀のレコード革命が待ち続けてきた“次世代レコードプレス・マシン”なのだ。

マシンのユニットは、作業員1人で操作できる。1分間に生み出されるレコードは3枚で、これは従来の行程の1.5倍のスピードだ。この数字は確かに素晴らしいが、実際の生産性はさらに高い。というのも、旧式プレスマシンは、作業員のミスから機械の不具合まで、さまざまな原因によって30~40パーセントのロスが生じるからだ。高品質なレコードをプレスするためには、たわみ・歪みを防ぐために高度な温度管理が必要だが、ウォームトーンは加熱冷却プロセスを非常に正確に行うので生み出されるレコードは一様に平らになる。これによって発生するロスは、たった1パーセントにすぎないという。

ユニットはモジュール式組み立て品で(修理がしやすい)、モバイルと互換性もあり(製造データがスマートフォン・タブレットに即座に伝えられる)、厳しいストレステストにも合格している(丸1日間の操作が可能)。

プレスマシンが稼働している間、Viryl Technologiesの品質コントロールソフトウェアはあらゆる重要ポイントからのデータを収集している。これによって、ノズルの交換や蒸気圧の変更から、フライホイールのトリミングスピードまで、作業員がリアルタイムで微調整できるようにしているわけだ。

米ダラス郊外のインディレーベル、Hand Drawn Recordsも、ウォームトーンのスイッチを入れたひとつだ。プレス工場に設置された2台のマシンは1日18時間のシフトで稼働し、2017年には年間180万枚を生産した。

Hand Drawn RecordsのCOO(最高執行責任者)、ダスティン・ブロッカーは「レコードプレスのテクノロジーは、半世紀経とうが変化してこなかった。マシンは、ぼろぼろになっていたよね」と、言う。

彼は一瞬の沈黙のあと、次のように続けた。

「しばらく時間は掛かったけれど、ようやくマシなレコード製造機を手にできたってところだな」

RENE CHUN

最終更新:5/8(月) 18:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。