ここから本文です

メッシが通算5度目の“年間50ゴール”超え! 圧巻の決定力で4季ぶりピチーチへ前進

5/8(月) 10:38配信

Football ZONE web

ビジャレアル戦の2ゴールで今季リーガ35得点、公式戦通算51ゴールに

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間6日に行われたリーガ・エスパニョーラ第36節ビジャレアル戦で2得点を挙げ、4-1の勝利に貢献した。この2ゴールで今シーズンの公式戦で挙げたゴール数を51に伸ばし、通算5度目の大台突破になったとスペイン紙「マルカ」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 メッシは1-1で迎えた前半45分、得意のカットインで相手マーカーを次々と無力化し、得意の左足を振り抜いて勝ち越しゴールをゲット。3-1とした後半37分には、ルイス・スアレスが獲得したPKを冷静なループシュートで流し込んで勝利を決定づけた。

 この日の試合ではFWネイマール、FWルイス・スアレスと久々の「MSNトリオ」揃い踏みを果たしたが、メッシはこの日の2ゴールによって今季のリーガ得点数を35まで伸ばし、ピチーチ(得点王)争いで2位のL・スアレスに8ゴール差をつけて4シーズンぶりの栄誉に前進しているが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では11得点、スペイン国王杯で4ゴール、そしてスペイン・スーパー杯でも1ゴールを決めており、シーズンを約1カ月残す状況で50ゴール突破となった。

C・ロナウドは現時点で35ゴール

 メッシは2010-11シーズンに53得点、11-12シーズンに73得点、12-13シーズンに60得点、そして14-15シーズンには58得点を決めている。昨季こそ41得点にとどまったが、相変わらずの決定力に陰りがないことを証明した。

 何かと比較されることが多いレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、昨季までに6シーズン連続50ゴールを突破しているものの、今季ここまでの公式戦通算ゴール数は35にとどまっている。またL・スアレスですら、昨季の59得点が初の50ゴール超えであることを考えると、メッシのゴール量産ペースがサッカー史に残るものであるのは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/8(月) 10:38
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新