ここから本文です

テネリフェMF陣で柴崎の序列アップ 「チームに完全にフィット」と指揮官も高評価

5/8(月) 12:13配信

Football ZONE web

2試合連続のフル出場 マルティ監督「ガクは本当によくやってくれた」

 テネリフェの柴崎岳は、現地時間7日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部第37節ルーゴ戦に、2試合連続で先発フル出場を果たした。試合後の会見でホセ・ルイス・マルティ監督は、柴崎について「チームに完全にフィットした」とし、戦力として計算できる存在になったと語っている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 キックオフ時は4-2-3-1のトップ下でスタートした柴崎は、ほどなくして2列目左サイドへ移った。そのポジションでパス交換、時にはペナルティーエリア内に積極的に飛び出すなど攻撃的な姿勢を見せると、チームは前半33分にDFカミーユのクロスからMFアイトール・サンスのダイビングヘッドで先制。後半3分にオウンゴールで追いつかれたものの、その後は柴崎がFWロサーノへのスルーパスを狙うなど相手最終ラインを押し下げていく。そして同36分、FWアーロンが放ったシュートのこぼれ球をロサーノが詰めて2-1と勝ち越した。

 昇格プレーオフ圏内確保に向けて貴重な勝ち点3を手にしたテネリフェ。この勝利は指揮官にとっても大きなものだったようだ。地元紙「エル・ドルサル」によると、「我々はどのようにプレーしたのかを誇りたい。特に後半は勇敢で試合を支配していった。非常に困難で、苦しんだとはいえ、勝利に値すると思う」と話すとともに、攻撃的な位置でリズムを作った柴崎について聞かれると、こう評価している。

今夏の日本復帰も報じられたなかで…

「一番の良いニュースは我々が勝ったこと、それが最も重要なことだ。しかしガクは本当によくやってくれたし、チームの中に完全にフィットしている」

 柴崎は1月末の加入ながら心身のコンディションを崩して、デビューまでに1カ月以上の時間を費やした。マルティ監督も大事を取って当初は途中出場をメーンに起用していたが、プレーのクオリティーの高さを認めたのか、ここに来て2試合連続で先発フル出場させている。半年間の契約ということもあり日本復帰も報じられたなかで、テネリフェで柴崎の序列が上がっていることは確かなようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/8(月) 12:13
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新