ここから本文です

浦和の司令塔、逆風のなか「悔しい」と心境告白 「またこの気持ちを、この景色を…」

5/8(月) 15:20配信

Football ZONE web

チームは連敗、鹿島戦で暴言騒動勃発のなか、浦和MF柏木が歯がゆい思いを明かす

 浦和レッズは、“さいたまダービー”として注目を集めたJ1リーグ第9節の敵地大宮アルディージャ戦に0-1で敗れると、続く第10節の鹿島アントラーズ戦もホームで0-1と落として2連敗を喫し、さらに鹿島戦ではDF森脇良太の暴言騒動も勃発するなどチームは逆風に晒されている。そうしたなか、浦和の司令塔MF柏木陽介が8日にブログを更新し、現在の心境を綴った。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 柏木は「こうなりたいという気持ちを」とのタイトルで1点の画像を掲載。それは昨季ルヴァン杯を制し、浦和が10年ぶりに国内主要タイトルを獲得した際、Jリーグの村井満チェアマンとともに柏木が優勝カップを手に笑顔を見せているものだった。

「またこの気持ちを、この景色を見たい。経験したい。そういう気持ちで毎日サッカーに取り組んでる」

 優勝時の名状しがたい歓喜、そして壇上に勝者として立った時を指しながら、「またこの気持ちを、この景色を見たい」と心を新たにしている。さらに「大宮、鹿島と絶対負けたくない2チームに連敗。悔しい」と率直な思いを明かした。

 柏木は4月26日のAFCチャンピオンズリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦で右太腿を痛めた影響もあり、直後の大宮戦では先発したものの、前半のみで交代を直訴。鹿島戦はスタンド観戦となり、チームが連敗する姿を歯がゆい思いで見守ることしかできなかった。

「同じチームに次は絶対負けへんよ」

 連敗で失速した浦和は鹿島に首位の座を明け渡す形となったなか、勝ち点19で浦和、ガンバ大阪、FC東京が並ぶ激戦となっている。リーグ最多24得点もあり、得失点差で浦和が2位ながら、5位の柏レイソルも勝ち点18で追走しており、1試合で一気に順位を落としかねない状況が続く。

 リーグ戦2連敗と暴言騒動でチームは揺れているが、柏木自身はすでに気持ちを切り替え、「でもまだ先は長い! 同じチームに次は絶対負けへんよ」と前を向いている。

 柏木にとっては戦線復帰が第一の目標となるが、「しっかり怪我治して、いい準備して、勝ち続けるで。年末にはみんなで笑ってる絵を思い描いて、共に闘いましょう」と意気込みつつ、サポーターに共闘を呼びかけた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/8(月) 15:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ