ここから本文です

バルサとレアルが争奪戦! 19歳の若き才能にスペイン2大巨頭が高額オファー提示

5/8(月) 12:38配信

フットボールチャンネル

 バルセロナとレアル・マドリーは、アトレティコ・マドリーからアラベスへ期限付き移籍中のDFテオ・エルナンデスに高額オファーを提示したようだ。スペイン紙『アス』が報じている。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 同紙によれば、T・エルナンデスの代理人であるマヌエル・ガルシア・キロン氏が両クラブからオファーがあったことを認めたという。しかしながら、「現時点で彼はどのクラブからの関心にも近づいていない」と、合意は否定している。

 また、キロン氏は移籍金についても言及しており、「どちらのクラブも売却条項の2400万ユーロ(29億7600万円)以上のオファーを提示してきた。しかし、我々は何も決めていない」と高額オファーが届いていることを明かしている。

 19歳のT・エルナンデスはアトレティコの下部組織出身で、年代別のフランス代表にも選出されている。アラベスでは主に左サイドバックとしてプレーし、31試合に出場している。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)