ここから本文です

フランスで復活したイタリアの悪童、来季はスペインへ? すでに交渉本格化か

5/8(月) 22:59配信

フットボールチャンネル

 ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは、次のシーズンをスペインで過ごすかもしれない。スペイン紙『アス』などが伝えている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 問題児で知られるバロテッリは、昨年夏にニースと1年の契約を交わした。リーグアンでは22試合に出場し15ゴールを挙げており、コンスタントに得点を決めるシーズンとなっている。

 それでもニースとの契約は今シーズンいっぱいまで。バロテッリは将来について考え始めている。報道によると、バロテッリに関心を示しているのは以前にも獲得に興味を持っていたラス・パルマスで、交渉はすでに進んでいる模様だ。

 ラス・パルマスは過去にMF柴崎岳の加入が取りざたされたクラブ。1部残留を決めており、これから交渉が加速するかもしれない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)