ここから本文です

【高円宮杯】凄まじい破壊力! 清水ユースが誇るスーパーカルテット

5/8(月) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

すでに3選手がトップデビュー済み。

 今季のプレミアリーグで、いや、ユース年代で最強のカルテットかもしれない。
 
 清水エスパルスユースが誇る4人のアタッカーだ。平墳迅、鈴木魁人、新関成弥、そして滝裕太が奏でる破壊的なハーモニーが、開幕からプレミアリーグEASTを席巻している。
 
 ここまで清水ユースは5試合を戦って4勝1分けの首位。リーグトップの14得点を挙げている。開幕前は守備面に弱みがあると指摘され、実際に5試合中4試合で計6失点を喫しているが、それを補って余りある得点力が今季のチームにはある。
 
 とりわけ14得点中11得点を叩き出している王国のスーパーカルテットは、一見の価値ありだ。四者四様の個性が噛み合って敵を突き崩す様は、一種の機能美すら感じさせる。
 
 5月7日に行われた5節・市立船橋戦でも、この攻撃陣が結果を残した。
 
 実を言うと清水ユースは、過去のリーグ戦で市船相手に未勝利どころかゴールを奪ったことすらなく、大の苦手としてきた。ただ、この日は前半から大型FWの平墳が力強く起点となって敵を押し込み、まずは49分、知性派MF滝がゴールネットを揺らす。相手DFのミスに抜け目なくつけ込み、GKとの1対1をきっちり制した。「トップ昇格のためには結果を残すしかないと思っている」と意気込む主将の一撃が、市船戦における不名誉な“神話”を打ち砕いた。
 
 直後に同点ゴールを奪われてしまうが、今度は「別に全然いけると思っていた」と語る強気の新関が魅せる。4人の中でもっとも器用な滝をボランチに下げ、攻撃的な布陣に切り替えた矢先の64分だ。ロビングボールの落としを受けた新関が、「武器だと思っている」と言う冷静なボールコントロールから左足を一閃。滝とともに先のルヴァンカップ(4月26日のベガルタ仙台戦)でトップデビューを果たし、勢いに乗る男が鮮やかに勝ち越しゴールを突き刺した。

【PHOTO】 日本高校選抜vsU-18 Jリーグ選抜を彩った好タレントたち

彼ら阻止できるチームは現れるのか?

 そして、トドメの一発は不動のセンターFW平墳である。

 87分、斜めの動きからペナルティーエリア内でボールを受けると、得意の左足を強振。試合を決める一発を叩き込んでみせた。平墳もまた、ルヴァンカップでトップチームデビューを飾ったばかり(4月12日のコンサドーレ札幌戦)。ボールを収めるプレーが大きく進歩しているが、これはトップチームで間近に見たチョン・テセのプレーにも影響を受けたようだ。「身体の使い方とか、ボールを受ける前の動きを意識するようになった」と話した。
 
 また「自信を付けたようで、プレーに余裕が出てきた」と平岡宏章監督が指摘するように、精神面の成長も見て取れる。相手を背負うプレーで巧みに起点となりつつ、ゴールまで決めた試合でありながら「ユース年代なら、もっとやれないといけない」と語るあたりは、トップデビューの効果だろう。これまで年代別代表にまるで縁のなかった選手だが、もはや招集は時間の問題と思えるほどの成長速度だ。
 
 パワフルな平墳、「テクりたいタイプ」と自ら語る技巧派の新関、万能タイプの主将・滝。市船戦で爆発したこの3人に、「本当に苦しいときに決めてくれる」と指揮官の信頼厚き10番、鈴木を加えたスーパーカルテット。彼らを阻止できるチームが、はたして今季のユース年代に現われるのだろうか。
 
 少なくとも開幕からの5試合では、ひとつも見当たらなかった。
 
取材・文:川端暁彦(フリーライター)

最終更新:7/10(月) 15:08
SOCCER DIGEST Web