ここから本文です

バルサがメッシも戦った「Cチーム」を復活へ。シャビ招聘案を含めたその理由とは?

5/8(月) 17:03配信

SOCCER DIGEST Web

Bチームの降格もあってCチームは消滅へ。

 FCバルセロナBが2年ぶりのセグンダA(2部相当)復帰にあと一歩と迫った。
 
 4月29日に行われたセグンダB(3部相当)の36節。ジェラール・ロペス率いるバルサBはエル・プラットを2−0で下し、2試合を残してグループ3の優勝を決めた。
 
 セグンダBでは全80チームが20チームずつの4グループに分かれてリーグ戦を行なう。そして各グループを制した4チームが2チームずつに分かれてホーム&アウェーのプレーオフを戦い、勝った2チームがセグンダAに昇格する。敗れた2チームは各グループの2~4位で行われるプレーオフに回り、残る2つの昇格枠を争うことになる。
 
 そのため、まだセグンダA昇格が決まったわけではないものの、バルサBは最もレベルが高いと言われているグループ3で2位以下に10ポイント差以上をつけて優勝を決めている。攻撃力はあるが守備は脆い傾向があったここ数年のチームとは違い、得点数(37節終了時点で80)、失点数(同29)ともにリーグベストの数字を出しているバランスの良さが際立っており、セグンダA復帰に向けて視界は良好と言える。
 
 快進撃を続けるチームの陰で、クラブもレベルの低下が指摘されていたラ・マシア(下部組織の総称)のテコ入れに動き始めている。バルサBがセグンダA昇格を果たした場合、Cチームを復活させることを検討しているのだ。
 
 1967年にFCバルセロナ・アマテウル(アマチュア)の名で創立して以来、バルサCはフベニール(U-19チーム)とバルサBの間に位置するカテゴリーのチームとして機能し、テルセーラ(4部相当)を主戦場として活動してきた。
 
 だが07-08シーズンにバルサBがテルセーラに降格。同クラブのチームは同一カテゴリーに所属できないため、バルサCもプリメラ・カタラナ(カタルーニャ州1部、5部相当)への降格を強いられると、当時のジョアン・ラポルタ会長はバルサCの解散を決定。以降はフベニールを卒業した選手は即、バルサBへ昇格する形をとってきた。

1/3ページ

最終更新:5/8(月) 17:04
SOCCER DIGEST Web