ここから本文です

“量”と“アイテムごとの収納”という「思い込み」を捨てたら、キッチンがすっきり片づいた!

5/9(火) 20:00配信

東京ウォーカー

がんばっているのに部屋が片づかないのは「“思い込み”からくる、まちがった片づけ方が原因かも。その“思い込み”を捨てればすっきり収納は実現します!」と、幸せ住空間セラピストの古堅純子さん。そこで実際にレタス隊の山田里美さんのお宅を訪問、思い込みを改善してもらいました。

【写真を見る】本体にふたをした状態で重ねられる量に減量。容器の種類も見やすく、ワンアクションで取り出せるように



●収納は使用頻度と家族の使い勝手を考えて、すっきり片づいた清潔なキッチンを目指す!

山田さん宅は鍋やフライパンの数が多め。量を減らさなければと悩んでいたものの、なかなか自分では数を絞ることができず……。また、アイテムごとに収納という「思い込み」にも縛られていた山田さん。これらの思い込みも、古堅さんのアドバイスに従い、置き場所を変えることで、ほぼ捨てずにキープできました。「量」の見直し=減量とは限らない、目からウロコが落ちる結果に!

【これだけ必要なはずという「量」の思い込みを改善】

●保存容器はふたをして重ねられる量に減量

大量にあった保存容器。ふたと本体を分け、本体は重ねてしまっていたが、ふたをした状態で重ねられる量に減量。ふたをしてしまうことで、使いたいときにワンアクションで取れるようになり、使いやすさが格段にアップ。容器の種類も見やすくなった。

【「アイテムごとに収納」という思い込みを改善】

●鍋は使用頻度に合わせて置き場を分散

数を減らせなかった鍋とフライパンは、無理に減らさなくていいという結果に。「アイテムごとに収納」という思い込みを捨て、使用頻度に応じて収納場所を変えた。あまり使わない鍋は、収納棚の上部に移し、よく使うものの出し入れをスムーズに。

「〇〇のはず」「〇〇しなくちゃいけない」の思い込みから脱却し、「使い勝手」を優先すればすっきり片づくだけではなく、使いやすいという大きなメリットも得られることに!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】 

最終更新:5/9(火) 20:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展

Yahoo!ニュースからのお知らせ