ここから本文です

反藤原の天皇に化けた名君・聖武

5/9(火) 8:00配信

BEST TIMES

常に新たな視点を持ち、従来の研究では取り扱われなかった古代史の謎に取り組み続けてきた歴史作家・関裕二が贈る、『地形で読み解く古代史』絶賛発売中。釈然としない解釈も、その地にたてば、地形が自ずと答えてくれる!?  「瀬戸内海と河内王朝を地理で見直す」をシリーズで紹介いたします。

聖武天皇が、恭仁京を選んだ理由

 なぜ藤原のための天皇になることを宿命づけられ、藤原の人脈に囲まれた聖武天皇が反藤原の天皇に化けたのか、なぜ周囲はこれを止めることができなかったのか、その事情に関しては、このあと、ふたたび考えてみたい。ここでは聖武天皇がなぞの関東行幸を敢行したことについて、触れておきたい。

 天平12年(740)10月、聖武天皇は九州で藤原広嗣(ふじわらのひろつぐ)の乱が起きている最中(実際には終結していたが、都に報告はまだ届いていなかった)関東行幸を断行する。

 聖武天皇は、伊賀、伊勢、美濃、不破(関ヶ原)、近江をめぐり、山背国(やましろのくに)の恭(く)仁(に)京(きょう)(京都府木津川市)に留まり、都を造り始める。その後、紫香楽宮(しがらきのみや)(滋賀県甲賀市)に移り、平城京に還都するのは、天平17年(745)5月で、足かけ5年の彷徨である。

 一般に、聖武天皇に対する評価は低く、この行幸も「わがままな王のご乱心」程度にしか考えられていない。酷評する学者の中には、「ノイローゼ」の烙印を捺(お)す者もいる。

 しかし、聖武天皇は頭脳明晰。決断力のある名君であった。
 まず、行幸ルートが、曾祖父・大海人皇子(天武天皇)の壬申の乱の足跡を辿っていて、それはなぜかといえば、大海人皇子がそうだったように、反蘇我政権に反旗を翻したのだ。その意思表示であり、強烈なアピールなのだ。

「もし逆らうなら、もう一度壬申の乱を起こす」

 と、藤原氏を脅しているのだ。

 問題は、「壬申の乱の足跡を訪ねた」のは確かにしても、なぜ恭仁京と紫香楽にこだわったのか、だ。恭仁京は、平城京の藤原氏と対峙する場所として、まだ理解できる。平城京は藤原氏が天下を支配するために造られた都だった。

 普通都(と)城(じょう)、北側の中央に王の宮殿が造られ、南側に左右対称に造られる。しかし平城京の場合、東の隅に、外(げ)京(きょう)が付け足された。そこに藤原氏が拠点を構えたのだ。氏寺(うじでら)の興福寺や春日大社を建立している。この一帯は、高台になっていて、宮城を見下ろす場所にある。都で変事が起きれば、藤原氏はこの高台に逃げて応戦しただろう。平城京の一等地が外京であり、藤原氏はここを独占することで、誰が平城京の主なのかを、貴族と民に見せつけたのである。

 聖武天皇は「平城京にいては、藤原氏に対抗できない」と踏んで、恭仁京を選んだのだろう。南側の木津川が、城の堀の役目をしてくれる。平城京からやってくる敵を防いでくれる。背後に丘陵地帯があるから、いざとなれば、落ち延びられる。

 ならば、なぜもう1か所、辺鄙(へんぴ)な紫香楽を選んだのだろう。ここに、意外な地理の盲点が隠されていたのだ。

(『地形で読み解く古代史』より構成)

明日は瀬戸内海と河内王朝の謎シリーズ(15)「重要なジャンクションだったかつて存在した巨大な湖、巨椋(おぐら)池」です。

文/関 裕二

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。