ここから本文です

寺島しのぶの英才教育! 4歳長男は3か国語をしゃべる歌舞伎界初のハーフ役者

5/9(火) 0:12配信

週刊女性PRIME

「お酒の入った角樽を持って花道に登場すると、会場から“かわいい~”“あら~”と歓声が。“ごめんくださいまし! お客さまから、お使いものでございます”とお酒を届け“おやかましゅうございました!”と花道を戻っていく姿に拍手喝采でした」(観劇した女性)

眞秀くんの写真を見る

 5月3日から歌舞伎座で始まった『團菊祭五月大歌舞伎』で、寺島しのぶの長男・眞秀くんが初お目見え。『魚屋宗五郎』という演目で、酒屋の丁稚・与平を演じ、約4分間、観客の目を釘づけに。

「人間国宝でもある尾上菊五郎や寺島の弟・菊之助とともに舞台を踏みました。注目が集まったのは、ハーフの歌舞伎役者だということもありますね。十五代目市村羽左衛門がハーフだったといわれていますが、公には眞秀くんが初めてです」(スポーツ紙記者)

 寺島の夫はフランス人アートディレクターのローラン・グナシア氏。眞秀くんは色白ではあるものの、顔つきは可愛らしい日本男児だ。

「誰かの誘導があったわけでもなくしっかりと振る舞って、たくさんのセリフをこなしました。文字どおり“ひとり立ち”してましたね。小さいのに、なかなかの舞台度胸。とても素晴らしいデビューでしたよ」(前出・観劇した女性)

 堂々たる初舞台となったが、終演後には普通のわんぱくな男の子に戻った。楽屋口で寺島やローラン氏が友人と談笑していると突然、元気よく駆け出していったという。

「50メートル先の交差点までお友達と走っていってしまって。“まーほーろ!”とお父さんや富司純子さんに大声で止められていました。応援に来たお友達と側転もしていましたよ」(同・観劇した女性)

 4歳といえば遊び盛りだから、友達がいればつい一緒にふざけたくなるのはしかたがない。それでも眞秀くんは、歌舞伎役者修業にも熱心に励んでいるという。

「尾上流の日本舞踊を習っています。富司さんがお世話をすることもありますが、送迎は基本的に寺島さんが行っているそう。仕事の合間を縫って稽古場に駆けつけていますよ」(梨園関係者)

 かつて寺島は“息子が選んだ道を進んでほしい”と語っていたが、眞秀くん自身が歌舞伎を好きになったので、母親として強力にバックアップすることにしたようだ。

「眞秀くんは家でお父さんと一緒にタブレット端末で歌舞伎を見たり、セリフをまねっこしたりしているそうですよ」(同・梨園関係者)

 寺島は幼いころ歌舞伎役者になりたかったが、女性には道が閉ざされている。家に居場所を見つけられず、家出してパリに行ったことも。

「だから結婚当初は、息子が生まれたら歌舞伎役者になってほしかったようです。母になってからは“子どもに押しつけちゃダメだ”と思い直したそうですが、眞秀くん本人がやる気満々。彼女が立てなかった舞台で“息子を一人前に”という思いは強いと思います」(同・梨園関係者)

 感性を磨くため、同じ伝統芸能である『能』を親子で見に行くことも。歌舞伎の所作の美しさや丁寧さは、能にも通じる部分があるからだ。広い視野を持てるよう、美術館巡りも行っている。

「ローランさんが展示品の解説をしてくれるので、普通に見るよりも、作品のバックボーンや制作方法など、たくさんのことを知ることができるみたいです。美術館から帰ってくると、作風をまねて絵を描いてみたり、オブジェを作ってみたりするそうですよ」(同・梨園関係者)

 アートへの関心が、歌舞伎界に新風をもたらすかもしれない。言葉に関しても、普通の家庭とは違う。

1/2ページ

最終更新:5/9(火) 0:12
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)