ここから本文です

【入門ロードバイク2017】オルベア・オルカOME

5/9(火) 12:59配信

CYCLE SPORTS.jp

オルベアが誇るモノコックフレームの走りを身近に

オルベアのロードラインナップについて簡単におさらいすると、レーサーである「オルカ」、エンデュランスの「アヴァン」という2つのシリーズがあり、その後ろにグレードを表す「OMR(オルベア モノコックレーシング)」「OMP(オルベア モノコックパフォーマンス)」、「OME(オルベア モノコックエボリューション)」というアルファベットがつく。このアルファベットはグレードとともに、それに合ったジオメトリーで作られていることを意味する。

「オルカOME」は、レーサーであるオルカシリーズの中でもエンデュランス寄りのジオメトリーを持っていることになる。オルベアが得意とするモノコック製法で作られたカーボンフレームは、ヘッドパーツの下ワンを1・5インチとする上下異径で、リヤエンドまでフルカーボン製。装着されるタイヤの幅は25Cと、ロードバイクのトレンドを手堅く押さえたスペックになっている。

コンポーネントを全てシマノ・ティアグラでまとめ、オルベアのフルカーボンバイクの中で一番安価に設定されている。サイズ展開は最小サイズのリーチが367mmなので、身長が150cm台のライダーから対応している。ジオメトリーの他の数字を見ると、長めのホイールベース、 ヘッドチューブと短いリーチなので、アップライトなポジションを実現しやすい設計であるといえる。


オルベア・オルカOME
シマノ・ティアグラ完成車価格/25万円(税抜)

フレーム●OMEカーボン
フォーク●OMEカーボン
メインコンポ●シマノ・ティアグラ
ホイール●シマノ・R501
タイヤ●ケンダ・クリテリウム 700×25C
ハンドルバー●FSA・オメガコンパクト
ステム●オルベア・OC-II
シートポスト●オルベア・OC-II
サドル●プロロゴ・K3STN サイズ141mm
サイズ●47、49、51、53、55
カラー●ホワイト×ブラック×レッド、ブラック×レッド、アンスラサイト×ターコイズ、ホワイト×ブラック×レッド
試乗車実測重量●8.37kg(51サイズ、ペダルなし)

中島丈博

最終更新:5/9(火) 12:59
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円