ここから本文です

「隠れた英雄」「日本のエース」 リバプール戦の完封劇で吉田の評価上昇

5/9(火) 7:30配信

Football ZONE web

サウサンプトンでリーグ16試合連続スタメン 米メディアがチーム3位タイの採点与える

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、7日の敵地リバプール戦(0-0)でリーグ戦16試合連続の先発フル出場を果たした。両チームトップとなる9回のクリアを記録するなど、安定した守備で失点を許さず。英国外でも「隠れた英雄」「日本のエース」と高い評価を手にしている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 この日の英雄は、後半にリバプールのMFジェームズ・ミルナーのPKを止めたサウサンプトン守護神フレイザー・フォースターだったが、吉田もアンフィールドで見せ場を作った。

 前半15分だった。サウサンプトンはMFオリオル・ロメウが自陣でボールを失うと、リバプールFWロベルト・フィルミーノが持ち込んで右足を振り抜く。ここで立ちはだかった吉田は、このシュートをブロックした。

 英紙「デイリー・メール」の採点でも、トップは守護神のフォースターで7.5点。吉田は単独2位の7点と高く評価されているが、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」も吉田に高評価を与えた。

「輝けるパフォーマンスを見せた」

「またしても日本のエースが輝けるパフォーマンスを見せた。急速にサウサンプトンの隠れた英雄になろうとしている」

 寸評ではこう絶賛され、10点満点の採点で合格点となる7点を手にした。フォースターの9点、MFロメウの8点に続くチーム3位タイの評価だった。これまでは時折不安定さや失点に直結するようなミスを犯していた吉田だが、今季途中に定位置を確保してからは隙のないパフォーマンスを見せて、イングランド内外で評価を高めている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/9(火) 12:26
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新