ここから本文です

洗濯機に入れると料理ができあがる! イスラエル生まれの「魔法の調理パック」

5/9(火) 8:16配信

WIRED.jp

「野菜にはスピード洗濯」「肉には合成繊維用のコース」──。イスラエルのクリエイターがつくった「Sous La Vie」には、一見ナンセンスにも思えるこんな表示がついている。この調理パックは、なんと洗濯機をオーヴンや鍋の代わりにして食事をつくれる製品なのだ。

圧力鍋を使うと16倍速く調理できる理由

調理につかう道具は、オーヴンでも鍋でも、電子レンジでもない。

写真の調理パックは、イスラエルのクリエイター、エフタ・ガジットが、「Bezalel Academy of Arts and Design」のプロジェクトのために開発したプロトタイプだ。その調理法は、ほかではまったく例の見られないものである。なんと、洗濯機に放り込むのだ。しかもTシャツやジーンズと一緒に洗ってもいい。

この調理パック「Sous La Vie」は、真空調理の基本原理を応用している。1970年代にフランスで発明され、近年再び大流行しているこの調理法は、食品を特別なプラスチックの調理袋の中に入れて密封し、湯に浸して50~100度で調理するものだ。真空調理によって、食品はより柔らかい状態を保つ。熱せられ、高すぎる温度になったプレートと直に接触することで失われるはずの水分を保持できるからだ。

「Sou La Vie」は、100パーセント不浸透性の素材「タイベック」の内部を、プラスチック素材で覆ったものだ。コンロでつくる湯の代わりに、洗濯機の温水を利用できる[編註:欧米では洗濯機で温水洗浄するのが一般的]。パッケージには中身の栄養価に加えて、調理するために設定すべき洗濯モードが表示されている。たとえば、野菜は綿素材用のシンプルなスピード洗濯が求められる。肉類には、合成繊維用のフルコースが推奨される。

芸術的な挑発だろうか? 退屈した主婦のための娯楽だろうか? そうともいえるだろう。しかしこれは、社会的なイニシアティヴでもある。この調理袋によって、ホームレスがコインランドリーを一種の“公衆台所”として使い、多額の出費なしに温かい料理を用意できるようになるのだから。

FILIPPO PIVA

最終更新:5/9(火) 8:16
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。