ここから本文です

雪のニュージャージー、上空からとらえられた「無音」の風景

5/9(火) 18:10配信

WIRED.jp

写真家フィリップ・ウォラックは、自分で飛行機を操縦しながら写真を撮影する。窓から腕を突き出し、シャッターを切る。彼がとらえた雪の風景や冬の街並みは静謐で美しい。その美しさは、「まるで瞑想のようだ」と彼が語る飛行機の操縦という体験があるからこそ生まれているのかもしれない。

静謐の美しさ。上空からとらえられた「無音」の風景

ドローンの登場によって、多くのカメラマンが空から写真を撮るようになった。空撮写真は急速に増えていき、ぼくらはこれまで見たことがなかった視点からさまざまな場所の風景を見られるようになった。

写真家フィリップ・ウォラックがそうしたドローン写真家と一線を画しているのは、彼が自分のセスナから写真を撮るところだ。それも自分自身でセスナを操縦しながら。ウォラックはニュージャージー州リンカーンパーク空港の周りを自身のセスナ172で飛び回り、ここぞというところで右腕を窓から突き出してシャッターを切る。操縦が難しそうに感じられるかもしれないが、最大の懸念はむしろ寒さの方だという。

ウォラックは2005年に初めて飛行訓練に参加した。空から見た風景の美しさに感銘を受けた彼はその魅力を伝えるべく写真を撮り始めた。冬のニュージャージーをとらえた作品『Winter from Above』は14年から15年にかけて撮影されたものだという。「季節ごとにさまざまなアプローチを試みましたが、冬の景色が一番わたしに訴えかけてきたんです。雪は白いページのように完璧なメディアで、地上の物体を際立たせてくれます」とウォラックは語る。

ポツンと雪原に立った木のように孤独さを感じさせる風景からブルックリンの都会的な風景まで、ウォラックはさまざまな場所を被写体として選んでいる。のびのびと広がる木々や道路は大地に描かれた絵のようであり、建物やソーラーパネルが規則正く並んでいる様はよくデザインされたグラフィックのようだ。

ウォラックが自身の作品を通じて伝えたいのは、風景の美しさばかりではない。「第一に、飛行への愛があります。飛行機を操縦していると、瞑想しているような状態になるんです。するとより多くのものを見つけられるし、いつもとは異なった角度から物事を見られるようになります」。そうウォラックは語る。だからこそウォラックは自分で飛行機を操縦し、撮影に繰り出すのだ。『Winter from Above』に収められた写真から感じられる静謐さは、まさに撮影時のウォラックの精神状態からきているのかもしれない。

WIRED.jp_IS

最終更新:5/9(火) 18:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。