ここから本文です

G大阪、GS敗退の絶体絶命。川崎Fは勝利で3年ぶりの決勝Tへ【ACL突破条件】

5/9(火) 8:20配信

フットボールチャンネル

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終節が9日に各地で開催され、日本勢では川崎フロンターレとガンバ大阪が試合を行う。

2017年J1在籍選手、通算得点トップ10。1位と2位は同一クラブのFWがランクイン

【ACL】
川崎フロンターレvsイースタンSC(19:30キックオフ)
済州ユナイテッドvsガンバ大阪(19:00キックオフ)

 1勝4分でグループGの3位に位置する川崎Fは、すでにグループステージ敗退が決まっているイースタンにホームで勝利すれば無条件で3年ぶりの決勝トーナメント進出が決まる。勝ち点9の広州恒大と同8の水原三星が直接対決となるため、いかなる結果になっても必ずどちら一方は勝ち点10に届かない。

 川崎Fがイースタンと引き分けた場合、水原三星が広州恒大に敗れれば両チームの勝ち点は8で並ぶが直接対決の結果で上回る川崎Fが2位に浮上する。水原三星対広州恒大が引き分けに終わり、川崎Fがイースタンに勝利すれば1位で通過できる。

 一方、グループHで勝ち点4のG大阪は厳しい状況だ。勝ち点7の済州ユナイテッドにアウェイで勝利し、3位のアデレード・ユナイテッド(勝ち点5)がホームで江蘇蘇寧(勝ち点12)に引き分け以下に終わることが絶対条件。仮にアデレードが勝利した場合、勝ち点8になるためG大阪が済州に勝利しても2位以内に入ることはできない。

 それに加えて、G大阪は済州に大量得点を奪わなければならない。2チームが勝ち点で並んだ場合、当該チーム同士の勝ち点→得失点差→総得点→アウェイゴールの順で順位が決まる。G大阪はホームで済州に1-4で敗れているため、アウェイでは4得点以上奪って3点以上のリード(4-1、5-2など)が必要となる。

 いずれにしてもG大阪は1位通過の可能性が消滅しており、突破できたとしても2位通過しか残されていない。

▼川崎F
・勝利:無条件でグループステージ突破
・引き分け:水原三星が広州恒大に敗戦した場合、グループステージ突破
・敗戦:グループステージ敗退が決定

▼G大阪
・勝利:4得点以上を奪って3点差以上の勝利、且つアデレードが江蘇蘇寧に引き分け以下ならグループステージ突破
・引き分け:グループステージ敗退が決定
・敗戦:グループステージ敗退が決定

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)