ここから本文です

『無限の住人』8位へ下落! 『フェアリーテイル』は小規模ながら満席続出で10位に食い込む大健闘!【週末映画興行成績】

5/9(火) 17:01配信

おたぽる

 5月6日~5月7日分の週末映画興行成績(興行通信社)が発表されたので、今週もオタク目線でお届け。

 今週も1位はゴールデンウィーク中も絶好調の集客を見せたディズニーアニメ『美女と野獣』。土日2日間で動員62万9,000人、興収8億9,300万円を記録し、3週連続首位をキープした。これで累計動員は473万1,000人、累計興収は66億9,600万円となり、公開16日間での興収60億円突破は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と並ぶ快挙。ゴールデンウィーク終了後も好調をキープすれば最終興収100億円の大台も期待できそう。

 続いて『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が2位をキープし、累計興収53億9,000万円を突破。3位につけた『ワイルド・スピード ICE BREAK』は累計興収25億2,000万円を突破。『美女と野獣』が強すぎて目立たないが、『コナン』も『ワイルド・スピード』も、これまでのシリーズで最高記録を更新していきそうな勢い。

 初登場4位となったのは主演の岡田准一や小栗旬、柄本佑といった豪華なメンツが揃う『追憶』。全国296スクリーンで公開をスタートし、土日2日間での動員は18万人、興収2億2,700万円を記録した。日本を代表する巨匠・降旗康男監督と撮影・木村大作のタッグで生み出されたヒューマンサスペンスとなっており、年配のファンからの支持が熱い様子。岡田主演の前作『海賊とよばれた男』(16年)との興収比は79.4%となっているものの、客層がシニア層のためゴールデンウィーク終了後も着実に数字を伸ばしていきそうだ。

 その後、5位は先週4位でスタートを切った『帝一の國』、6位に『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』が食い込み、揃ってワンランクずつダウン。

 7位には唐沢寿明と窪田正孝が共演するテレビドラマの劇場版『ラストコップ THE MOVIE』が初登場。続く8位には、先週より2ランクダウンとなってしまった『無限の住人』。

 連休中だというのに、数字を伸ばせなかった『無限の住人』だが、公開してから一週間も経たないうちに、元SMAP・木村拓哉が来年公開予定の映画『検察側の罪人』に出演予定、しかも嵐・二宮和也と共演! という発表もあり、すっかり影が薄くなってしまったようにも感じられるが、来週はランキングに踏みとどまれるのか。これは楽しみ。

 9位には『SING/シング』がランクイン。ゴールデンウィーク中も絶好調だった『SING/シング』は累計動員400万人を突破、累計興収49億2,600万円を超えてきた。このままいけばイルミネーションスタジオ作品の最高興収52億円を記録した『ミニオンズ』(15年)の背中に手が届きそう。日本語吹き替え版の演出を担当した三間氏のインタビューを読んでから再鑑賞してみては(記事参照 http://otapol.jp/2017/05/post-10457.html)。

 初登場で10位に滑り込んだのは、世界での累計発行部数が6,000万部を超える真島ヒロの人気マンガが原作の『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』。全国101スクリーンという小規模公開ながら、土日2日間で動員4万2,771人、興収5,388万8,700円を稼ぎ順調な滑り出し。アニメ『FAIRY TAIL』(テレビ東京系)の劇場版第2弾となる作品で、若者を中心に集客し全国で満席の劇場が続出している。

 同作は真島自身が総合プロデュースを務め、原作の最終章へと続くオリジナルの物語を描いた作品。世界を滅ぼす力を秘めた魔法の杖を巡り、孤島・ステラ王国で争奪戦が繰り広げられるという内容が描かれ、観客からは「真島作品の真骨頂・バトルシーンに鳥肌!」「戦闘場面が最高すぎ。文句ない」「絵がめちゃくちゃキレイだし、ウェンディ、ルーシィたちがひたすら可愛い」と絶賛の声が続出している。「Yahoo!映画」での評価も4.23点と高得点を記録し(9日現在)、ファンは大満足のよう。今後どの程度10位以内にとどまり続けるか、その粘りが注目されるところ。

 今週末はアニメ『ブレイブウィッチーズ』(TOKYO MXほか)の劇場版『ブレイブウィッチーズ ペテルブルグ大戦略』やマーベル・スタジオ作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の公開が控えているため波乱のランキングとなりそうだ。

最終更新:5/9(火) 17:01
おたぽる