ここから本文です

G大阪が攻勢に出るも、ACL16強が遠のく痛恨の失点… 済州相手に前半を0-1で折り返す

5/9(火) 20:00配信

Football ZONE web

微妙な判定で先制ゴールが取り消され…

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節を戦っているガンバ大阪は9日、敵地での済州ユナイテッド(韓国)戦に挑み前半を1点ビハインドで折り返した。

堂安が衝撃のミドル弾! 18歳天才MFが決めた圧巻のスーパーゴール(YouTubeJリーグ公式チャンネル)

 この試合でG大阪は、少なくともホームで1-4と敗れた済州との当該対戦成績を逆転するスコアが必要とあって、最低でも3ゴールを奪う必要に迫られていた。そのため立ち上がりから攻撃的な姿勢を見せ、開始早々からゴール前のチャンスを迎えるなど得点への強い意欲が感じられるゲームになった。

 そのなかで前半15分、MF遠藤保仁の右CKをDF三浦玄太が合わせてヘディングシュート。これはGKにセーブされたが、MF倉田秋が押し込んだ。先制ゴールかと思われたが、倉田がオフサイドの判定でゴールは取り消された。極めて疑わしいジャッジだったが、ゴールは認められず、さらに2分後にはG大阪が相手ゴール前に攻め込んだ場面で、二度に渡ってペナルティーエリア内で相手選手のハンドと思われるようなプレーがあったが、いずれも見逃された。

 大量点が必要な展開にカウンターを受けることは覚悟したような攻撃的な姿勢を見せるG大阪だったが、同29分、中盤から最終ライン背後に出されたボールに対し、後方から飛び出してきたDFチョン・ウンに最終ラインを破られると、そのままシュートを決められて痛恨の先制点を許してしまった。

 前半はG大阪にゴールが生まれることなく、このまま0-1で終了。後半45分間で、少なくとも4ゴールが必要な苦しい状況に追い込まれた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/9(火) 20:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新