ここから本文です

【ACL】G大阪が2年連続でGS敗退…4点が最低条件のアウェー戦でノーゴールに終わる

5/9(火) 20:51配信

SOCCER DIGEST Web

1勝1分4敗でグループ最下位に。

[ACLグループステージ最終節]済州・U 0-2 G大阪/5月9日/済州ワールドカップスタジアム

 ACLグループステージ最終節の済州・U対G大阪が5月9日、韓国の済州ワールドカップスタジアムで行なわれ、G大阪が0―2で敗れた。この結果、G大阪のグループステージ敗退が決定。1勝1分4敗でグループ最下位となった。
 
 決勝トーナメント進出のためには最低でも4点が必要だったG大阪は、立ち上がりから前がかりになって攻撃を仕掛けた。しかし、開始直後の遠藤保仁のシュートはDFに阻まれ、15分の倉田のゴールもオフサイドの判定で取り消しに。そうして迎えた29分、高いディフェンスラインの裏を突かれてチョン・ウンに先制点を奪われてしまう。
 
 仕切り直しの後半は、開始から切り札のアデミウソンを投入。さらに56分に藤春廣輝を入れて攻撃の活性化を狙った。とはいえ、いずれのカードも劇的に試合展開を変えるには至らず。身体を張った済州・Uの守備陣を崩し切れないまま時間が経過し、66分にファン・イルスに2点目を奪われて万事休した。
 
 結局、試合は0-2で終了。G大阪はこれで2年連続でのグループステージ敗退となり、選手たちはがっくりとピッチに視線を落とした。

最終更新:5/9(火) 20:52
SOCCER DIGEST Web