ここから本文です

【ACL】川崎、グループ首位で3季ぶりベスト16入り! 復帰の中村憲剛が2アシスト

5/9(火) 21:23配信

SOCCER DIGEST Web

4発の快勝で決勝トーナメント進出。

[ACLグループステージ最終節]川崎 4-0 イースタン/5月9日/等々力

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は5月9日、各地でグループステージ(GS)最終戦を開催。等々力陸上競技場では、川崎フロンターレがGS突破を懸けて香港のイースタンと対戦し、4-0の快勝を収めた。川崎はグループステージを突破し、3シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めた。

【川崎 4-0 イースタンSC PHOTO】ゴールラッシュで首位通過!


 立ち上がりから押し気味に試合を進めた川崎は、29分に左サイドを突破した車屋紳太郎のクロスをハイネルがヘッドで押し込み、先制点をゲット。この試合に勝てば、無条件でGS突破が決まる川崎にとって、大きな1点が入った。

 さらに川崎は45分、怪我から復帰した中村憲剛のCKから、谷口彰悟が打点の高いヘディングシュートをねじ込み2点目を奪う。川崎が2点をリードして前半を折り返した。

 また同時刻に行なわれている。水原三星対広州恒大は、この時点で1-1で前半を終了。

 川崎の攻勢は後半に入っても衰えず、49分にハイネルのクロスに長谷川竜也が合わせて3点目。さらに53分、再び中村のCKから、奈良竜樹がヘディングでゴールネットを揺らし、4点目を奪う。

 試合はこのまま4-0で終了。川崎が3シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めた。さらに同時開催の水原三星対広州恒大は2-2の引き分けに終わり、川崎はグループ首位通過が決まった。

 一方、川崎は序盤の20分に小林悠が負傷退場を余儀なくされている。ここまで負傷者続出のチームをエースとして引っ張ってきていただけに、怪我の程度が気掛かりだ。

 

最終更新:5/10(水) 1:36
SOCCER DIGEST Web