ここから本文です

株の配当金で暮らす生活も実現可能な投資術を公開!株の配当が増え続ける会社を選んで投資するだけで、1億5000万円の資産を築いた会社員の投資法を紹介

5/9(火) 20:15配信

ダイヤモンド・ザイ

 「連続して配当を増やしている銘柄」に投資することで、受取配当金を雪だるま式に増やし、資産1億5000万円を築いた個人投資家の必勝法を紹介! 

【詳細画像または表】

 ダイヤモンド・ザイ6月号では、「株で儲ける個人投資家の『これだけ』必勝法! 」と題した特集を掲載!  タイプの違う株の勝ち組10人に直撃取材し、銘柄選びから買いのタイミング、リスク管理の方法まで赤裸々に語ってもらっているが、ここではそのうちの一人である立川一さんの投資法を紹介。2004年から本格的に株を始め、資産を1億5000万円にまで増やした秘訣を聞いた。

増配を続けている会社は、株価の上昇も期待できる!

 個人投資家の立川一さんは、受取配当金を雪だるま式に増やしながら、資産1億5000万円を達成した。その投資の特徴は、「連続して配当を増やしている銘柄」に注目していることだ。

 株の教科書には「過去の実績よりも、将来の業績こそが大事」と書かれているケースが多いが、立川さんはこう解説する。

 「増配傾向にある会社は、今後も増配する確率が高いと考えます。まずは、ここが一番重要です。決算数字やビジネスモデルの分析は簡単ではありませんが、過去の配当推移は誰でも確認できます。増配を続けているのは本業がうまくいっている証拠なので、結果として業績が順調で今後も業績の伸びが期待できる可能性が高いのです」

 もちろん、将来が期待できるビジネスか確認はするというが、「予想が当たることはまれです。自分の投資家としてのレベルはまだまだで、調査は完璧ではないことを忘れないようにしています」。

 ただし、単純に「連続増配ランキング」に登場するような銘柄を買えばOKというわけではない。

 「ランキングに載るということは、注目されて株価が割高になっている可能性があるので要注意です。また、過去10年程度を見て増配傾向であればOKですが、学習塾を展開する『ステップ(9795)』や、システム関連の『シーティーエス(4345)』のように、記念配当を出したことで連続増配が途切れたものの、実質的には増配を続けている銘柄もあります」

 さらに、現時点の利回りにこだわりすぎないことも大事だという。「仮に、配当利回りが1%の株でも、20%増配を続ければ、株価が同じであれば15年後には13%の利回りになります。増配が続けば、いずれは株価にも反映して値上がり益も享受できます」

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

10月号:8月21日(月)

定価730円(税込)