ここから本文です

シリーズ累計750万部突破の超人気シリーズ『緋弾のアリア』最新刊発売! 最悪の集団との死闘の行方は…!?

5/9(火) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 シリーズ累計750万部を突破した超人気シリーズ『緋弾のアリア』の最新刊『緋弾のアリアXXV 羅馬の軍神星』が2017年4月25日(火)に発売された(電子版も同日配信)。壮大なスケールとラブコメ要素が絶大な支持を得ている同作だけに「キターーー! 嬉しい!」と興奮の声が続出中だ。

 『緋弾のアリア』は2008年から「MF文庫J」で発行されている、著・赤松中学、イラスト・こぶいちによるライトノベル作品。

 物語は武力を行使する探偵、通称「武偵」を育成する特殊な学校“東京武偵高校”を舞台に展開する。主人公は「あるきっかけ」が起こると頭脳が活性化するという体質を持つ遠山キンジ。元々は武偵を目指していたが、ある事件が元で普通の高校生になろうと決意する。体質を隠しつつ平穏な日々を送ろうとしていたものの、通学中に爆弾事件に巻き込まれたことがきっかけで、学校の超エリートである神崎・H・アリアと出会い、キンジの日々は平穏とは程遠いものに。最強武偵のアリアと、普段はただの一般人であるキンジの凸凹コンビが凶悪犯に立ち向かうアクション・ラブコメディーだ。

 読者からは「文章のテンポの良さが巧みでスイスイ読み進められる!」「構成が完璧で伏線の回収に唸らされる」とそのストーリーテリングに圧倒される人が続出。そして特に人気が高いのはヒロイン・アリアのキャラクター。優秀な生徒でありながら自分の体形がコンプレックスという弱点を持ち、人に対してはツンデレな少々クセのある性格で、読者からは「王道のツンデレキャラに超絶萌えるー!」「アリアの一筋縄でいかない感じが大好き。こぶいち先生の描くイラストもキュートで最高にキュンキュンする」といった声が。

 主人公・キンジのキャラクター造形もかなり練られている。普段は非社交的で人との関わりを避ける傾向にあるキンジだが、ヒステリアモードに突入すると突然キザ男に変身。これには「ヒステリアモードになったときのキンジの強さったらもう神レベル」「普段の大人しい感じと、ヒステリアモード発動した時のキザっぷりの落差がたまらん」と読者の心を掴んでいる様子。

1/2ページ