ここから本文です

目薬の正しいさし方「まばたき」「2~3滴さす」は間違い

5/10(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 ドライアイの人などにとって、目薬は生活の必需品ともいえるが、目薬のさし方に関して、特に多い間違いが、目薬をさした直後に成分を行きわたらせようと目をパチパチさせること、と吉野眼科クリニック(東京都台東区)院長の吉野健一さんは言う。

「点眼直後にまばたきをすると目薬の成分が涙で流れてしまうので、これは逆効果。目薬をさしたらまばたきをせず、1~5分ほど目をつぶったままの状態を保つか、軽く目頭を押さえるのが正しい点眼方法です」(吉野さん、以下「」内同)

 また、1滴では効果が出るかどうか不安で、2~3滴さすというのも間違いだそう。

「通常、点眼びんから出る1滴は目の表面に充分行きわたるように調節されているのです」

 目薬は1滴で充分なのだ。

【正しい目薬のさし方】
1:手を石けんと流水でよく洗う

 手や爪には多くの雑菌が繁殖している。雑菌がついたままの手で目や点眼液に触れると、その雑菌が目に入る恐れがある。点眼前には手を洗うことを習慣に。

2:下まぶたを軽く引き、1滴点眼する

 容器の先が目やまぶた、まつげに触れないように注意しよう。これは、目の周りについている油や汚れ、細菌などが付着したり、容器の中に涙液が逆流して容器内の点眼液が汚染される恐れがあるからだ。

3:まぶたを閉じて1~5分キープ

 点眼後は目を閉じて1~5分間、その状態を保つか、目頭を軽く押さえる。これで薬の滞留時間を長く保つことができるとともに、眼内への移行がスムーズに行われるため、治療効果が高まるのだ。

4:あふれた点眼液をふき取る

 あふれた点眼液は接触性皮膚炎や色素沈着の原因になることがあるため、そのままにしないこと。新しいティッシュやガーゼに水を含ませふき取って。

※女性セブン2017年5月11・18日号