ここから本文です

「ひよっこ」豊子役・藤野涼子、ロシア文学を読んで役作り!

5/10(水) 8:15配信

ザテレビジョン

放送中の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)に登場する、ヒロイン・みね子(有村架純)の同僚でありルームメートの兼平豊子は、頭が良くて仕事もできるが、高校に進学できなかった悔しさを抱えた一面も持つ女の子。

【写真を見る】反響の大きかった豊子(藤野)と時子(佐久間由衣)の対峙シーン

そんな豊子を演じる藤野涼子は、映画「ソロモンの偽証」(2015年)に主演し第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を初めとする数々の賞を受賞した他、福岡発地域ドラマ「たからのとき」(5月17日[水]夜10:30-11:30NHK BSプレミアム)にも出演している。

今注目の若手女優である藤野に、「ひよっこ」出演の感想や豊子役への思いを聞いた。

──役が決まった時の感想を教えてください。

まさか出演できるなんて思っていなかったので、台本を読んで出番の多さに驚きました。その時に、「毎朝放送されるドラマに出るんだから、普段から常に笑顔でいるように心掛けよう」と思ったんです。

──これまでに見ていた「朝ドラ」で、特に印象的な作品は何ですか?

「あまちゃん」(2013年)を見て、「朝からこんなに笑わせてくれるドラマってないな」と思いました。「日常」を演じるのは難しいと思うので、私もいつか“日常の演技”ができるようになりたいと考えるきっかけになりました。

──台本を読んだ時に、豊子についてどう思いましたか?

豊子は頭の回転が速いですし、言いたいことをバンバン話すキャラクターなので、せりふが多いなと感じました。私自身は豊子と性格が逆なので、ちゃんと豊子になれるか不安でしたね。

役作りとしては、「アンナ・カレーニナ」(レフ・トルストイ)などのロシア文学を読んで、少しでも豊子に近づこうとしたんです。今ではみんなが「普段から豊子に見えてきたよ」と言ってくれるようになったので、「このままでいいんだ」と思って演じられています。

──豊子は青森県出身という設定ですが、方言のせりふで苦労したことはありますか?

祖父母が青森県出身なので、方言の先生から頂いた音源を聞いていると、祖父母と話しているような感じがするんです。なじみのある訛りだったのでスッと入ってきて、あまり苦労はしませんでしたね。

でも、周りの子たちもそれぞれの地元の方言で訛っているせりふを話すので、それもスッと入ってきちゃって「混ざっちゃう!」ということはありました(笑)。

──豊子と反りが合わない澄子役の松本穂香さんとは、撮影現場でどのように過ごしていますか?

松本さんは、いつも面白いことを言って笑わせてくれます! みんなが沈んじゃった時にも、場を明るく和やかにしてくれます。

──では、主演の有村さんの印象はいかがですか?

「頼もしい先輩!」という感じです。私がせりふをかんでしまったり、間違ってしまった時にも、「全然大丈夫だよ!」って言ってくださるんです。それを聞いた時に、「みんなが見守ってくれているから頑張れるんだ」と思って、前向きになれました。

──豊子の注目のシーンを教えてください。

みんなでコーラスをするシーンです。私は歌が得意ではないのですが、撮影に入る前から練習していたんです。豊子もだんだん上手になっていくので、注目していただければと思います。

──お気に入りの曲はありますか?

「トロイカ」と「見上げてごらん夜の星を」が好きです。

──歌が上手だったのは誰ですか?

そうですね…。小島藤子さんが演じる幸子さん。1人で歌った時のソプラノがきれいでした!

──最後に視聴者・読者の方へメッセージをお願いします。

「ひよっこ」は日本の経済の基盤を作った、60年代の方たちのお話です。この物語を、実際にその時代を生きた人にも、私たちみたいな60年代を知らない世代にも、みんなに届けてあの時代を考えてもらうきっかけになったらうれしいです!

最終更新:5/14(日) 20:40
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)