ここから本文です

結婚につながる出会いって?365日を出会いのチャンスに変える法則を伝授!! [with]

5/10(水) 11:30配信

講談社 JOSEISHI.NET

そろそろ次につきあう人とは、結婚したい! でも結婚につながる出会いって? 365日を出会いのチャンスに変える法則を伝授します!

相手の品定めより、まずはその場を楽しむことを意識して!

「婚活のために、まず相手の条件をたくさん書き出すという人がいますが、 かえって選択肢を狭めてしまうというデメリットも。それより、あまり結婚を意識しすぎずに、出会いの場を増やして、そこでより多くの人に好感を持たれるような振る舞いをすることで、 可能性が広がります。広く種まきすることが、実は近道になることが多いんです」 (恋愛アドバイザー 絵音さん)
そのとき、欠かせないのは「愛嬌」。
「特にいわゆる合コンなどの『出会いの場』では、 瞬発力が重要です。口角アップを意識するだけで、『このコ、話しやすい!』 という印象に。たとえ会話が苦手でも大丈夫。『すごい』『なるほど』『面白い』。 この3語だけで盛り上がります。『出身はどこ?』など簡単でいいので、質問も織り交ぜて」 (恋愛アドバイザー 絵音さん)
「結婚に向く相手か見極めることも大事ですが、何より大切なのは、その場を楽しむこと。目の前の女性が笑顔でいるだけで、男性は嬉しいもの。『この人といると楽しそうだな』というイメージが、『ずっと一緒にいたい』という魅力につながります」(恋愛カウンセラー ぐっどうぃる博士)

「1年で結婚を決める!」可能性が高いのはこんな男性!!

早く結婚しそうな男性を見極めるには、性格や交際の長さより、むしろ「相手の状況」のほうが大事。出会ったときに、しっかりチェックして!

仕事が落ち着いている

今の仕事にそこそこ慣れ、経済的な余裕も生まれてきた男性。逆に、就職、転職の直後は結婚に意識が向かない。

周りが結婚している

職場の同世代の同僚や学生時代の友人が次々結婚していくと、周りを見回して「そろそろ自分も」と考え始める。

共通点が多い

「年齢」「出身地」「住んでいる場所」「趣味」など、共通点が多いほど、共感が強まり距離が近づきやすい。

もう30代後半

モテ男も年貢を納めるタイミング。仕事が落ち着き、「40歳ごろには結婚して家庭を持ちたい」と思い始める。

1/2ページ