ここから本文です

マラドーナ氏がFIFAを糾弾 「メッシは1試合を超える出場停止に値する」と処分軽減を批判

5/10(水) 8:11配信

Football ZONE web

3月のチリ戦で副審への暴言で4試合出場停止処分決定も一気に軽減

 アルゼンチン代表のバルセロナFWリオネル・メッシは3月のワールドカップ(W杯)南米予選チリ戦で審判に暴言を吐き、FIFAから4試合出場停止処分が下されたが、1試合を消化した時点でアルゼンチンサッカー協会の異議申し立てにより解除となった。3試合分の出場停止処分を軽減したFIFAの裁定に、思わぬところから反論の声が上がった。これまでメッシを擁護し続けてきたアルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が疑問を呈している。アルゼンチン紙「オレ」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 マラドーナ氏は、かねてから槍玉に挙げているFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長に対する批判を展開した。「明確にしたいのは、インファンティーノには何を求めても仕方がないということだ。彼の決断は、全てにおいてスポーツの部分は二の次だ。そして、FIFAはいつだって介入する。これまでの出場停止のストーリーを見れば明確だろう」とぶちまけ、W杯出場枠拡大を決めるなどの拝金主義のFIFAを重ねて批判した。

 しかし、その批判はそのままアルゼンチン代表のエースに対する裁定に向かうことになった。マラドーナ氏はアルゼンチン代表監督を務めた2010年南アフリカW杯で師弟関係だった、いわば身内であるメッシの出場停止処分解除について疑問を呈している。

「レオ(メッシ)は1試合を超える出場停止に値するだろう。これは、私が胸に手を置いて心から言っている。一人のアルゼンチン人としてはメッシの件は喜ぶべきだ。なぜなら、これでW杯への夢を見続けられるからだ」

ビダルも疑問を呈し議論を巻き起こす

 メッシはチリ戦で副審に侮辱的な言動があったとして4試合の出場停止処分を科されたが、5日にFIFAの上訴委員会によって“証拠不十分”として処分解除が決定。3月に行われたボリビア戦(0-2)で出場停止を1試合消化していたメッシだが、残り試合への出場が可能になっていた。

 この決定には、バイエルンのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが疑問を呈すなど議論を巻き起こしていたが、マラドーナ氏にとってFIFAへの怒りは、メッシへの愛情よりも大きかったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/10(水) 8:11
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新