ここから本文です

【マラソン2時間切り】を目指した科学とスポーツの共進化

5/10(水) 12:20配信

WIRED.jp

42.195kmを2時間以内で完走する──。アスリート、科学者、デザイナーたちが一丸となって不可能に挑戦するナイキのプロジェクト「Breaking2」が、イタリア・モンツァで行われた。結果は惜しくも2時間の壁を破ることはできなかったが、ナイキはプロジェクトを通して人間の、スポーツの、サイエンスの可能性を押し広げることになった。現地に飛んだ『WIRED』日本版のオリジナルレポート。

【写真】科学とスポーツの共進化

イタリア・ミラノから北に約20kmの位置にあるモンツァは、“F1の聖地”として知られる緑豊かな街である。だが2017年5月6日、1950年以降のほとんどのイタリアグランプリの会場として使われてきたモンツァ・サーキットを走ったのは、F1マシンではなく、3人の世界トップクラスのランナーだった。彼らの目標はF1のそれと変わらず、スピードの限界に挑戦することである。だが3人には、より具体的な数値目標があった──フルマラソン42.195kmを2時間以内で完走することだ。

「Breaking2」と呼ばれるナイキのプロジェクトは、世界トップクラスのアスリート、ナイキが誇るサイエンティストとデザイナーが一緒になって不可能へ挑む「ムーンショット」である。そのために選ばれたのは、エリウド・キプチョゲ(32歳・ケニア出身・男子マラソンの現オリンピックチャンピオン)、ゼルセナイ・タデッセ(34歳・エリトリア出身・男子ハーフマラソンの世界記録保持者)、レリサ・デシサ(27歳・エチオピア出身・ボストンマラソンにて2回優勝)。最大運動能力(最大酸素摂取量)やランニングエコノミー(走りの効率)、ペースを緩めることなく長時間維持できる最大速度のデータをもとに、ナイキのサイエンスチームが60名の候補のなかから選んだ、Breaking2を達成するために最も有望だと考えられる3人である。

3人のアスリートは、生理学、バイオメカニクス、栄養学、流体力学などを専門とするナイキ内外の研究者(ナイキは米オレゴン州ポートランドの本社に「スポーツ研究所」をもつ)や、デザイナーやデヴェロッパーから成るプロダクト開発チームとともに、約7カ月にわたってトレーニングを重ねた。そして2時間を切るためのストラテジーを研究し、シューズやウェアといった最適なプロダクトを手に入れた。

それにもかかわらず、彼らは2時間の壁を破ることができなかった。6日のレースで出た最速の結果は、キプチョゲの2時間25秒。だがこれは、Breaking2の“失敗”を意味するものではない。異分野のスペシャリストから成るチームが生んだ、ナイキが言うところの「グループ・ジーニアス」が、人間の可能性を広げ、科学とスポーツの双方を進化させた瞬間だった。

1/4ページ

最終更新:5/10(水) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。