ここから本文です

ドルトムント、36歳ベテランGKと契約更新「若手育成のサポートをしたい」

5/10(水) 7:01配信

フットボールチャンネル

 ドルトムントが9日、36歳のドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラーとの契約を延長したと発表した。契約期間は2018年6月までとなっている。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 ヴァイデンフェラーはドイツ2部カイザースラウテルンの下部組織で育ち1999年にトップチームに昇格。2002年にドルトムントに移籍したがGKイェンス・レーマンの控えといった状態が続いた。ただ、レーマンが2003年にアーセナルへ移籍したためその後はヴァイデンフェラーが正守護神を務めている。

 2002年に加入して以降、1度も移籍することなく15年間に渡ってドルトムントに在籍しているヴァイデンフェラー。現在はGKロマン・ビュルキが正守護神を務めているが、それでもカップ戦などでは重要な役目を果たしている。ヴァイデンフェラーはクラブのオフィシャルサイトを通じて「若手育成とロマン・ビュルキの成長のためにサポートしていきたい」と語った。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ