ここから本文です

風越学園立ち上げブログ(1)学校づくりにチャレンジします! --- 岩瀬 直樹

5/10(水) 17:13配信

アゴラ

アゴラ編集部より:楽天創業メンバーの本城慎之介氏らが発起人となり、幼稚園、小学校、中学校が一体の新学校「軽井沢風越学園」が2020年4月の開校を目指しています。21世紀型の教育を志す学校づくりが各地で相次いでいますが、アゴラでは、風越学園発起人の一人である岩瀬直樹氏(東京学芸大学大学院教育学研究科 准教授)のブログを掲載し、当事者による同時進行のドキュメンタリーとして、新しい学校づくりの過程や、最先端の教育コンセプトについてお届けします。

――

学校をつくります。

ボクはこれまで、小学校現場で
「幸せな子ども時代を過ごせる学級」
を目指して試行錯誤し続けてきました。

できたことも、できなかったこともありました。
その中で、学級単位を超えて学校全体が変わることの大切さを実感しました。

2年前から教職大学院で教師教育に関わる機会に恵まれました。

以前のエントリーにも書きましたが、学生の皆さんとの毎日の中で公教育の可能性を日々感じています。

その中でも改めて確信したことがあります。

「学級が変わる」から「学校が変わる」へ。

新たな学校のカタチを考えたい。

幸せな子ども時代を過ごせる学校ってどんなカタチだろう。
あそぶことも学ぶことと同じぐらい大切にされる学校ってどんなカタチだろう。

関わるすべての人が力を発揮できる学校ってどんなカタチだろう。

新しい学校のデザインを考える時です。
本城慎之介、苫野一徳、小川 佳也という志を同じくする人たちと出会い、いよいよそのチャレンジを始めます。

参画、サポート、応援してくれる人たちもいて心強いです。これからも増えていくとうれしいな、と思っています。

公立学校の新たなモデルとなるような学校を目指します。
見に来てくださった方が、子どもの姿と教職員の姿から、
「ああ、この感じかあ。やってみたい!」
と思えるような学校を目指します。
道は簡単ではありませんが、
今はただただ楽しみです。

“設立メッセージ

2020年4月に3歳から15歳の学校を軽井沢で…

赤ちゃんは、たくさんの愛情を受け、身の回りのいろいろなものに関心を向けながら、まずは一人遊びをたっぷり楽しみます。豊かな一人遊びの時間を積み重ね、誰かと一緒に遊ぶことの楽しさを知ります。そして、遊びに応じていろいろな人と関わりを持ちます。そうすることで、他者や世界に興味関心を持ち、学んでいくのです。

遊びが学びへとつながっていくこの人間の自然な育ちを大切にした学校をつくりたい。その思いをベースに私たちは、3歳から15歳までが一つの校舎で学ぶ「軽井沢風越学園」の2020年4月開設を目指して動き始めました。

私たちは、一斉授業・画一的なカリキュラム・固定的な学級編成等に代表されるような従来型の学校教育に限界を感じている一方で、子どもがもつ学ぶ力と学校教育の可能性を信じています。軽井沢の豊かな自然環境を活かし、3歳から15歳が共にゆるやかに関係する環境を整え、学校教育の新しい在り方を提示し、公教育のモデルとなるような学校の設置 を目指します。また、軽井沢町との連携を重視し、“しあわせ信州”を学校教育の観点から具現化することで地域に貢献します。”

丁寧に丁寧に進んでいきます。ここがスタートです。

「わたし」からはじまる

「わたしたち」で広げる

「わたし」と「わたしたち」で深める

ボクたちだけの力ではつくれません。

知恵を貸してください。力を貸してください。

ぜひホームページをのぞいてみてください。
http://kazakoshi.jp/


編集部より:このブログは一般社団法人「軽井沢風越学園」発起人、岩瀬直樹氏(東京学芸大学准教授)のブログ「いわせんの仕事部屋」2017年2月1日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は岩瀬氏のブログ(http://iwasen.hatenablog.com/)をご覧ください。

岩瀬 直樹

最終更新:5/10(水) 17:13
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム