ここから本文です

ミラン、スイス代表DFと個人合意か。「契約条件に合意」と伊紙報じる

5/10(水) 11:01配信

フットボールチャンネル

 ヴォルフスブルクに所属する24歳のスイス代表DFリカルド・ロドリゲスが今夏にミランに移籍することで個人合意したようだ。9日に伊メディア『カルチョメルカート』が報じている。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 同メディアによると、チェルシーやアーセナル、インテルやミランなど複数のクラブがロドリゲスの獲得を狙っており、その中のミランがロドリゲスと個人合意に達したという。昨日、ミランの首脳陣とロドリゲスの代理人が話し合い、金銭面などの契約条件に合意したとのこと。

 ロドリゲス本人も移籍に前向きなようで、残すはヴォルフスブルクとの移籍金交渉のみと考えられている。同選手に設定されている契約解除金は2250万ユーロ(約28億円)だ。つい先日、ビジャレアル所属のDFマテオ・ムサッキオ獲得が迫っていると報じられていた。中国資本へのクラブ売却によって得た資金を使い、今夏の移籍市場では積極的な補強を行うかもしれない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)