ここから本文です

2026年W杯、アジア出場8.5枠に決定! プレーオフの結果次第で最大9チームが本大会へ

5/10(水) 12:40配信

フットボールチャンネル

 国際サッカー連盟(FIFA)が9日、バーレーンのマナマで理事会を開き、2026年ワールドカップ(W杯)の大陸別出場枠を発表した。日本代表や韓国代表、オーストラリア代表などが争うアジアが「8.5枠」になったことを発表している。

上位3位が勝ち点差3の混戦に… W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 2026年W杯では出場チーム数が現行の32から48に拡大することが決定しており、大陸別出場枠も増えることになった。アジアは現行の4.5枠から8.5枠に、欧州は現行の13枠から16枠へ。南米は現行の4.5枠から6.5枠に、アフリカは現行の5枠から9.5枠へ。北中米カリブ海は3.5枠から6.5枠に、オセアニアは0.5枠から1.5枠に変更されている。

 そして、欧州を除く5大陸連盟から各1チームと、開催国が含まれる連盟からもう1チームの合計6チームでプレーオフを行い、残り2枠を争うことになる。つまり、プレーオフを勝ち上がればアジアからは最大9チームが2026年W杯に出場できる見通しだ。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)