ここから本文です

鹿島の鈴木が先制弾で“クリロナポーズ”披露! ムアントン戦、相手GKの股間を冷静に抜く一撃

5/10(水) 19:38配信

Football ZONE web

MF遠藤のパスに反応した鈴木が飛び出してコントロールショット

 鹿島アントラーズはグループ1位通過を懸けて10日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節、本拠地ムアントン・ユナイテッド(タイ)戦に臨み、鈴木優磨のゴールで先制。鈴木は昨年のクラブ・ワールドカップ(W杯)でも見せたクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)ばりの仁王立ちパフォーマンスを披露した。

【動画】物議を醸している「浦和vs鹿島」のハイライト(YouTubeJリーグ公式チャンネル)

 勝利で1位通過が決まる鹿島は立ち上がりからボールを保持するも、前半10分にムアントンにロングカウンターを浴びた。守護神クォン・スンテの好セーブで事なきを得たものの、タイ王者の侮れない力に手こずるかに思われた。

 しかし前半19分、センターライン左でボールを持ったMF遠藤康のアウトサイドパスに反応した鈴木が最終ライン裏に抜け出し、飛び出してきたGKの股間を冷静に抜くコントロールシュート。狙いすました一撃がゴール左隅に収まると、鈴木はジャンプ一番から仁王立ちの“ロナウドポーズ”を披露。1-0と先制したカシマスタジアムをさらに沸かせた。

 クラブW杯でもゴール時に同パフォーマンスを見せた鈴木は、現地スペイン紙にインタビューを受けるほどの時の人となった。前回のムアントン戦ではPK失敗で敗戦の責任を背負った次期エース候補が、点取り屋としてのプライドを誇示した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/10(水) 19:38
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新