ここから本文です

韓国勢、ACL決勝T進出は1チームのみ…「歴代最悪」「泣きっ面」と地元メディア酷評

5/10(水) 16:26配信

フットボールチャンネル

 今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)は、韓国勢にとって厳しい結果となってしまったようだ。

2017年J1在籍選手、通算得点トップ10。1位と2位は同一クラブのFWがランクイン

 Kリーグからは前年度リーグ王者のFCソウル、蔚山現代、水原三星、済州ユナイテッドの4チームが出場しているが、決勝トーナメント進出を決めたのは済州ユナイテッドの1チームのみだった。

 FCソウルと蔚山現代は10日にグループステージ最終節を残しているが、すでに敗退が決まっている。

 日本勢では川崎フロンターレがグループG首位通過を決めており、1試合未消化の鹿島アントラーズと浦和レッズも決勝トーナメント進出が確定している。また、中国勢では広州恒大、上海上港、江蘇蘇寧の3チーム全てが決勝トーナメントに進出している。

 この現状に、韓国放送局『MBS』は「済州は唯一の生存者。KリーグにとってACL歴代最悪の成績」と題してKリーグ勢を酷評。

「済州は初の決勝トーナメント進出を決めたが、Kリーグにとっては泣きっ面だ」「2009年からKリーグには出場4枠が与えられているが、ベスト16で1チームだけだったのは初めてだ。これは歴代最悪の成績である」と報じた。

 韓国勢で唯一の勝ち上がりとなった済州は、浦和がグループFを首位で通過すれば決勝トーナメント進出1回戦で対戦する可能性がある。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ