ここから本文です

五月病に陥らない!マンネリ化した毎日に新鮮さを注ぎ込む秘訣

5/10(水) 23:00配信

集英社ハピプラニュース

「MAQUIA」6月号では、「毎日、同じことの繰り返し。退屈な日々にワクワクを投入したい!」という読者のお悩みを脳・肌・体の三方向から攻める美容法を伝授。

【ALL動画つき】プロ発! 褒められ髪になれるヘアテクニック

< 脳×肌×体で追い風美容 >

<< 小林ひろ美のキレイはかけ算 >>

脳・肌・体の三方向から攻める美容こそ、キレイへの最短かつ最善の策。今回はマンネリ化した毎日に新鮮さを注ぎ込む秘訣をレクチャー。

★ 美容家 小林ひろ美さん ★
日々の生活の中で目にするもの触れるもの全てを楽しみながらできる美容へ転換する、美の発明家。優秀コスメを見つける目利きでも。


\読者からのお悩み/
「毎日、同じことの繰り返し。退屈な日々にワクワクを投入したい!」

\answer/
「毎日の生活の中で1日1つミニ革命を」

「ふと気づくと、日々の生活の中でいろいろなことがマンネリ化しがちです。それは心地良いことでもあるんですが、顔に『つまらないな~』という言葉が現れてしまうんですよね。でもマンネリを打破するために、特別な冒険をする必要はありません。毎日の生活の中で、1日1つ小さな新チャレンジを試みればOKなんです。きっと毎日の景色が、新鮮に見えてくるはず。この時期、陥りやすい五月病にも有効ですよ」


◆ 肌SWITCH

< 肌調子がいい時にケアも新チャレンジ >

「スキンケアも、ずっと一緒じゃつまらない。生理が終わった後の一週間など、肌調子がいい時に新たなチャレンジを。肌も気持ちもぐぐ~と上がる、イチ押しはこちら。夜、角質ケアをした後に、全顔を面で美白し、続いてシミ部分を点美白。さらに、その上から密閉力の高いシートマスクをのせて肌奥へ引き込めば、肌の輝きと透明感が一気に上昇しますよ」

【 おすすめitem 】
☆ 3種類の天然の酸の配合で古くなった角質をやさしく取り除く角質ケアジェル。エクスフォリエイティング ジェル 75ml ¥7800/ゲラン 
☆ シミに密着する、コクのある美白美容液。ホワイトショット SX 20g¥12000/ポーラ 
☆ シミもくすみも打破。HAKU メラノフォーカス3D 45g¥10000(編集部調べ)/資生堂 
☆ 外側がフォイル素材で、美容成分を肌奥まで届ける効果に優れている。アドバンス ナイト リペア パワーフォイル マスク 4枚入¥11000/エスティ ローダー

【 HOW TO 】
1. 角質ケアジェルを顔全体にのばし、くるくる。その後、洗い流す。
2. 顔全体に美白美容液をたっぷりめに塗っていく。押し込むように。
3. スポッツタイプの美白美容液を、シミ部分のみにのせる。
4. 密閉力の高いシートマスクをのせ、一気に美白成分を送り届け完了。


◆ 脳SWITCH

< マンネリ思考を方向転換してみる >

「脳って、生活スタイルも思考も、行動も同じことを繰り返そうとしがちなんですよ。だから、例えば洋服やメイクの自分方程式を外すことなど、小さなことから始めて。このスカートにはこのトップスと思っていた組み合わせを変えてみるとか、新たな色みの服やメイクにトライするとかね。私はよく褒められた服や組み合わせを、ワードローブの左にかけるように。ワクワクの発見があるんです」

【 Point ! 】
いつものアイメイクのグラデを逆から塗るだけでも新鮮な表情に。目のキワ→まぶたからだったら、まぶた→キワに。


◆ 体SWITCH

< 何気ない行動をちょっと変えるだけでもOK >

「体に自然と染みついた行動パターンを変えるのも効果的です。なんてことないことですが、食べ物を左側で噛むクセがあったら右側で意識して噛んでみる、歩き始める際にいつも出す方の足を反対にしてみる、いつも食べがちなお昼のメニューを変える……。これがいい刺激になります。またメイクだとポーチに手を入れて出てきたアイテム順にメイクをしていくのも、新鮮な顔に出会える方法です」