ここから本文です

浦和が敵地でFCソウルに0-1敗戦も、上海上港も敗れてF組1位通過 16強で済州と激突

5/10(水) 20:55配信

Football ZONE web

先発7人変更が裏目に… 閉塞感を拭えぬまま敗れる

 浦和レッズは首位通過を懸けて10日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節、敵地FCソウル戦に臨んだものの、決定機を作り出せずに苦しい展開を強いられ0-1で敗戦。メンバーを大幅に入れ替えたことが完全に裏目に出る格好となった。

【動画】物議を醸している「浦和vs鹿島」のハイライト(YouTubeJリーグ公式チャンネル)

 浦和は直近のリーグ戦、鹿島アントラーズ戦(0-1)から7人の選手を入れ替えた。GK榎本哲也とDF田村友が浦和での公式戦デビューとなり、プレシーズンに負傷したFW高木俊幸は今季の公式戦初出場となった。一方のFCソウルも韓国代表FWパク・チュヨンやMFオスマール・バルバ、FWデヤン・ダムヤノビッチが外れ、双方ともにメンバーを入れ替えての試合になった。

 序盤から互いに慣れない組み合わせからかパスミスが相次ぎ、決定機のない時間が流れた。浦和は後方からのビルドアップと前線が縦パスを受けに来るタイミングが噛み合わず、攻撃のスピードアップが図れなかった。

 このままスコアレスで前半を終えると思われた前半38分、敵陣での攻撃でパスミスから一気に逆襲を受けると、縦パスに対してマークに付いた田村が完全に逆を取られて抜け出された。最後はGK榎本と相手が1対2の状況になり、先制ゴールを許してしまった。浦和は0-1で前半を折り返した。

 後半に入ってもリズムが出ない浦和は同11分、MF菊池大介に代えてMF矢島慎也を投入。MF駒井善成を右サイドにシフトした。その効果もあり、矢島がパス回しの起点になってリズムが好転したが、前線の選手たちが最後のところで突破しきれず、なかなか決定機は生まれない。同32分には右サイドから駒井がマイナスに折り返したところを矢島がミドルで狙ったが、わずかに枠を超えた。

 同33分には、昨年8月31日のルヴァン杯準々決勝で膝の靭帯損傷の重傷を負って以来の出場となるMF梅崎司を田村に代えて投入。攻撃的な選手をピッチに増やした。

 しかし、前線の閉塞感は解消されることなく時計の針は進み、このまま0-1でゲームは終了。しかし、他会場でウェスタン・シドニー・ワンダラーズが上海上港を3-2で破ったため、浦和は1位通過が決定。決勝トーナメント1回戦では、済州ユナイテッド(韓国)と対戦することが決まった。

 レギュラークラスのプレーヤーで起用されてフル出場のDF槙野智章は、「まだまだミスが多い試合。これからは質の高い相手になるので、ミスが失点になる。集中して一つひとつ勝っていきたい」と、決勝トーナメントを見据えた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/10(水) 21:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新