ここから本文です

名門インテル、大物SDと指揮官招聘の再建計画 伊紙「最初に責任を取らされたのがピオリ監督」

5/10(水) 22:42配信

Football ZONE web

リーグ戦を3試合残し、成績不振でピオリ監督を電撃解任

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、ステファノ・ピオリ監督を成績不振のため電撃解任に打って出た。来季はローマのスポーツディレクター(SD)を務めていたワルテル・サバティーニ氏を招聘し、チェルシーの名将アントニオ・コンテ監督、ローマのルチアーノ・スパレッティ監督、アトレチコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督のいずれかを就任させるリバイバルプランが進められている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ここ7試合で白星なしと終盤戦で泥沼にはまった名門は大ナタを振るった。

「最初に責任を取らされたのがピオリ監督だ。昨日夜遅くに解任した。プリマベーラのステファノ・ヴェッキ監督に一時的に任された。まだ残る3試合を指揮する。そして、来季に向けて準備を始める」

 記事ではこう報じられている。インテルの中国人オーナーはフロントと監督も刷新する方針だという。ローマの強化部長として辣腕を振るいながらも今季途中で退任したサバティーニ氏を強化トップに据える。そして次期監督には、コンテ氏、シメオネ氏、スパレッティ氏とトップクラスの候補が上がっている。

 刷新モードのインテルで長友は今季ベンチ要員だったが、ここ4試合は先発出場を果たした。だが、ナポリ戦で失点に直結するミスを犯し、その後も低調なパフォーマンスが続いて地元紙から酷評されている。

 来季に向けて大物SDと監督の招聘を進めるインテルで、最古参の長友は居場所を確保できるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:5/10(水) 22:42
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新