ここから本文です

CL通算500ゴールまであと2つ! マドリーがアトレティコ戦で偉業に挑む

5/10(水) 11:10配信

SOCCER DIGEST Web

チーム総得点の17.7パーセントを叩き出して。

 現地時間の5月10日、アトレティコ・マドリーとのチャンピオンズ・リーグ準決勝・第2レグに臨むレアル・マドリーが、偉業を成し遂げるかもしれない。そのレコードとは、同コンペティションがチャンピオンズ・リーグとして再出発して以降(1992-93シーズン~)の本大会での通算500ゴール達成だ。

 マドリーがこれまでにCLで決めた通算得点数は、史上最多の498ゴール。つまり、あと2回ネットを揺らせば、初めて500の大台に乗せたクラブとなる。

 ホームの第1レグでは、ハットトリックを達成したクリスチアーノ・ロナウドの活躍もあり、3-0の完勝を飾った。第2レグはアウェーながら、アトレティコは逆転勝利のためには大量得点が必須。おのずと前掛かりになるはずだ。その隙を突いて得意のカウンターで敵陣に迫る展開は想像に難くない。得点チャンスは少なくないだろう。

 とりわけ期待がかかるのが、全498得点のうち17.7パーセントの88ゴールを叩き出しているエースのC・ロナウドだ。CLでは準々決勝以降の3試合で8ゴールと爆発中。速攻のフィニッシャーとして、みずからチームに特大の歓喜をもたらしても不思議はない。

 もっとも、3点のアドバンテージを得ているマドリーが、この試合でリスクを冒す必要はない。1得点未満に終わる可能性ももちろんあるが、アトレティコを下せばファイナルでの記録達成もありえる。

 はたしてマドリーは、今シーズン中に金字塔を打ち立てられるのだろうか。

■UEFA発表のCL通算得点ランキング(予選は除く)
1位/レアル・マドリー(498得点)
2位/バルセロナ(459得点)
3位/バイエルン(415得点)
4位/マンチェスター・ユナイテッド(350得点)
5位/アーセナル(281得点)
6位/ユベントス(261得点)
7位/チェルシー(249得点)
8位/ミラン(231得点)
9位/ポルト(218得点)
10位/リヨン(187得点)

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:5/10(水) 11:11
SOCCER DIGEST Web