ここから本文です

トランプのロシア疑惑隠しか?FBI長官の解任が揺らぐ捜査の独立

5/10(水) 18:24配信

ニューズウィーク日本版

<トランプが突然、FBIのコミー長官を解任し、ワシントンに衝撃が走った。コミーは、昨年の大統領選に対するロシアの関与とトランプ陣営の関係についての捜査を指揮していたからだ。FBIの独立が危うくなりかねず、ウォーターゲート事件当時のニクソンによる「虐殺」にもなぞらえられている>

ドナルド・トランプ大統領は5月9日、ジェームズ・コミーFBI長官を解任した。FBIは現在、2016年の大統領選挙を有利に運ぶべく、トランプと彼の側近たちがロシアの工作員と共謀したという疑惑をめぐって大規模な捜査を行っている。

「FBIは我が国で最も尊重されている機関のひとつだ。今日という日は、法執行機関の輝かしい業績の新たな始まりを告げる一日になるだろう」とトランプは声明で述べた。

同声明でトランプは、今回の決断はジェフ・セッションズ司法長官とロッド・ローゼンスタイン司法副長官の進言によるものだと述べた。セッションズに宛てた意見書のなかでローゼンスタインは、ヒラリー・クリントンが国務長官だったときに私用メールアドレスを公務に使っていた件に関し、刑事訴追せずに捜査を終了すべきだと記者会見を開いて発言したコミーの決断は、FBIに対する国民の信頼を傷つけたと述べた。

【参考記事】クリントンの私用メール問題はまだ終わらない

「コミーはメディアに対し、個人的見解にしかすぎない主張を、裁判も経ず、あたかも事実であるかのように話した」とローゼンスタインは同意見書のなかで述べている。「連邦検事および捜査員がやってはならないことの教科書的な事例だ」

まるでニクソン「虐殺」の再現

大統領にはFBI長官を解任する権限があるが、その一方で今回の解任劇は、アメリカで最強の法執行機関の独立性に疑問を投げかける。FBIは現在、2016年の大統領選において、選挙運動にロシア政府が干渉したとする疑惑に関して広範な捜査を行っている。

【参考記事】トランプとロシア連携?──FBI長官が「捜査中」と認めた公聴会の闇

この捜査には、トランプの側近たちがロシア政府の工作員と共謀して、民主党およびクリントンの選挙参謀のコンピューターシステムから盗んだ文書や電子メールをリークしたのかどうかをめぐる調査も含まれている。

コミーに宛てた手紙のなかでトランプは、トランプが捜査対象ではないとコミーが3度にわたり断言したことに対して謝辞を述べた。「3件の別々の案件に関して、私が捜査対象ではないと知らせてくれたことには大いに感謝するが、貴殿にはFBIを率いる力が欠けているという司法省の判断には私も同意する」

トランプを批判する者たちはすぐさま、今回のコミーの解任を、司法省の歴史のなかでも最も暗い出来事のひとつになぞらえた。1973年、ニクソン大統領がウォーターゲート事件を調査していた特別検察官を解任し、司法長官と司法副長官に辞職を強要した「土曜日の夜の虐殺」だ。



ある元情報員は、コミーの解任は司法省のローゼンスタイン副長官への権力の集中を意味する可能性があると言う。司法省長官のセッションズは、昨年2度にわたって駐米ロシア大使と会いながら黙っていたとして、ロシアの大統領選関与疑惑の捜査の監督からは身を引いている。この件ではローゼンスタインがトップなのだ。

同情報員は、ローゼンタールがコミー解任を求めるメモでいかにコミーを酷評しているかを見れば、司法省がいかにコミーを憎んでいたかがわかるという。私用メール問題でクリントンの刑事訴追を勧告しない考えだと公表したことにも、司法省は猛反対した。

大統領によるFBI長官の解任は、初めてのことではない。ビル・クリントン大統領は1993年、ウィリアム・セッションズFBI長官を倫理違反の疑いで解任した。

トランプはここ最近、コミーとの確執を隠そうともしなかった。コミーの行動は、「ヒラリー・クリントンにとって人生最良の出来事だった。数々の悪行を無罪放免にしてもらったのだから!」とツイートもしていた。

トランプがバラク・オバマ前大統領の命令で盗聴されていたと証拠もなく主張したとき、コミーは激怒していたと報道されている。情報関係者が一様に盗聴の事実を否定し、最終的にコミーが、トランプの不穏当な主張を裏づける証拠は何もないと議会で証言した。

【参考記事】「オバマが盗聴」というトランプのオルタナ・ファクトに振り回されるアメリカ政治


コミーにも、過去に失態がなかったわけではない。捜査員がクリントンの新たなメールを発見すると、その中身もろくに吟味せずに、大統領選のわずか11日前に捜査を再開すると公表した(投票日の直前に何も不正の証拠はなかったとして捜査終了)。有権者にはまるでクリントンが有罪だったかのような印象が残り、トランプ逆転のきっかけになった。クリントンもこれを敗因として挙げている。

【参考記事】メール問題、FBIはクリントンの足を引っ張ったのか?

ホワイトハウスのショーン・スパイサーは報道陣に、コミーは「少し前に解任を知らされた」と言った。そして「直ちに発効する」と。

衆人環視の中で

コミー解任の知らせにワシントンは驚いた。ホワイトハウスは、議会幹部にも決定の理由を知らせる気がないようだった。

上院民主党の重鎮、ディック・ダービン上院議員は、トランプとロシアの関係についてのFBIの捜査を妨害しようとするいかなる試みも「重大な憲法違反」の可能性があるとし、独立の委員会か調査官を任命するよう求めた(共和党の賛同者は少なかった)

だが、コミーの解任劇で、トランプ陣営とロシアの関与疑惑はいっそう強まるばかりだろう。

FBI職員の士気にも影響しそうだ。「頬にびんたを、腹にパンチを食らったような気分だ」と、元職員は言った。

FBI長官その人も、最後の瞬間に不意打ちを食らった。コミーはロサンゼルスでFBIの求人イベントで演説していた。その時、彼の背後のテレビでコミー解任のニュースが流れたというのだ。

これがトランプ=ロシア疑惑の真相解明にとって、暗いサインにならなければいいが。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
毎日配信のHTMLメールとしてリニューアルしました。
リニューアル記念として、メルマガ限定のオリジナル記事を毎日平日アップ(~5/19)
ご登録(無料)はこちらから=>>

イリアス・グロール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-8・15号
8/ 8発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。