ここから本文です

新型ミライースは、新世代ダイハツの原点となる注目モデル!

5/10(水) 11:33配信

clicccar

ダイハツのベーシックモデルにして、省燃費モデルの代表格といえる「ミライース」がフルモデルチェンジです。2代目ミライース最大の特徴は従来モデルから80kgも削ったという軽量化。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



バックドアやフロントフェンダーを樹脂製としているほか、シート骨格やトランスミッションケースなど様々な部分にダイエットのメスが入っています。



ボディ形状でも空気抵抗を減らすよう、細部まで工夫が凝らされているのも特徴。結果としてハイブリッドシステムなどを使わない低コストモデルながらFFのベーシックグレードで35.2km/Lの好燃費を実現しています。さらに、従来モデルに対して加速性能を高めるなどストレスのないエコカーとしているのも見逃せません。



全車にデジタルメーターを採用しているのはミライースの伝統的なアイテム。トランスミッションはインパネシフトのCVTだけとなり、大きなセンターフロアトレイなど使いやすいコクピットといえそう。

またバックドアオープナーは電気スイッチ式を採用。最上級グレード「G」にはシートヒーター、車速感応オートドアロック、オートライトなど便利な装備が標準となっています。



メーカー希望小売価格は、FFが84万2400円~120万9600円、4WDは97万2000円~133万9200円。

ボディカラーは、新色のスカイブルーメタリックのほか、プラムブラウンクリスタルマイカ(メーカーオプション)、パールホワイトIII(メーカーオプション)、ブラックマイカメタリック、マゼンタベリーマイカメタリック、レモンスカッシュクリスタルメタリック、スプラッシュブルーメタリック、ホワイト、ブライトシルバーメタリックの全9色となっています。

■ダイハツ・ミライースG SAIII(2WD)主要スペック
車両型式:DBA-LA350S
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1500mm
ホイールベース:2455mm
車両重量:670kg
乗車定員:4名
エンジン型式:KF型
エンジン形式:直列3気筒DOHC
総排気量:658cc
最高出力:36kW(49PS)/6800rpm
最大トルク:57Nm(5.8kg-m)/5200rpm
変速装置:CVT
燃料消費率:34.2km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:155/65R14 75S
メーカー希望小売価格(税込):120万9600円



(山本晋也)

最終更新:5/10(水) 11:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)