ここから本文です

松田聖子と神田沙也加が2人きりの内祝 「決別」はウソ

5/11(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 2人が並んでワイングラスを傾ける姿を見ると、まるで仲のいい姉妹のようだ。4月中旬、都内にあるフレンチレストラン。重厚な木の扉を開いた先にはホワイトとブラウンを基調にしたホールがあり、奥には人目を遮れる個室がある。その店を2か月に1度ほどは訪れるという松田聖子(55才)が個室のテーブルについていた。

 その日の直前、本誌・女性セブンが聖子の娘・神田沙也加(30才)が育んでいた新しい恋を報じた。聖子の前に座っていたのは、その沙也加だった。親子水入らずのひととき。母娘の会話は自然と恋バナに。そしてその2週間ほど後に発表されることになる結婚に及んだ。笑顔溢れる2人は幸福オーラに包まれていた。

 本誌が沙也加と俳優・村田充(39才)の交際を報じた約3週間後の4月26日、ふたりは結婚を発表。昨年夏の舞台共演で急接近し、交際半年ほどでのゴールインとなった。

 おめでたいニュースの一方で、「母娘の断絶」関係がクローズアップされた。沙也加の父・神田正輝(66才)が娘と村田とのスリーショット写真を披露し、「初孫の顔が見たい」と祝福のコメントを寄せたのに対し、母・聖子からは娘の結婚に一言もコメントがないままだからだ。

 沙也加も、報道陣から「お母さんに報告は?」と問われた際、「ごめんなさい…」と口を濁した。5月1日に聖子がかかわる事務所から新事務所に移籍したこともあり、各マスコミは「聖子への反逆婚だ」「聖子に結婚報告すらしていない」とこぞって報じた。

 だが冒頭のように、沙也加の結婚報告直前に母と娘は2人きりで内祝をしていた。ならばなぜ、母は娘の結婚に口をつぐむのか。2人の「本当の話」とは──。

◆「事務所独立は母娘の決別」のウソ

 デビュー37年目を迎えた聖子の近況は多忙だ。今年3月29日には初のジャズアルバム「SEIKO JAZZ」をリリース。構想に6年を費やし、米国の人気オーケストラをバックに従えた力作だ。5月12日には同アルバムが米国の名門ジャズレーベルから発売される。

1/2ページ