ここから本文です

小池新党は、脱既存政党かつ中道路線を目指す人たちの受け皿に --- 早川 忠孝

5/11(木) 16:04配信

アゴラ

都民ファーストは偽装民進党かしら、それとも偽装自民党かしら、などという命題を掲げた方がおられたが、小池さんが目指しているのは、偽装民進党でもなければ偽装自民党でもない、というのが正解のようだ。

日本社会で脱政党の流れがどこまで本格化しているのか分からないが、小池さんは既成政党の枠組みの中ではとても捉えきれないような動きを示している。

まあ、政党に縛られたくない、という意味では、「脱政党」の日本でのチャンピオンが小池さんだということになるだろう。

既成政党に縛られたくない人たちは、しばしば市民党や県民党を名乗っているから、小池さんの場合はさしずめ都民党というところか。

一つの政党に縛られたくないという思いが強いから、基本的にはすべての政党から支持を得られるような動きをする。
激しい政争からはちょっと身を引くところがあるから、大体は中道路線を択ぶ。

政策が曖昧じゃないか、総花的で具体的な政策がないじゃないか、などという批判を招きやすいのだが、それでも個別具体的なテーマについてはその時々に応じてしっかり方針を示しているのだから、政策がないというわけではない。

まあ、ちょっと総合性や体系性に欠けているかな、ちょっと場当たり的で、それぞれの政策に一貫性が欠けているんではないかな、と思われることがあるが、全体としてはそれなりに行政が前進しているようだ、というのが、市民党や県民党を名乗られる方々の共通の特徴だと言っていいのかも知れない。

自分に敵対する人でなければ誰でも呑み込んでしまえるのが、こういう方々の特徴である。

民進党からも自民党からも人が寄ってくる。
さすがに共産党の人たちは寄ってこないだろうが、来る者は拒まず、というのがこういう方々の特徴である。
まだご自分の確固たる政治基盤を確立するまでに至っていないが、小池さんの個人的な人気を頼って様々な人たちが小池さんの周りに集まって来ている、と見ておいた方がいい。

自民党東京都連は、小池さんの方に人が流れていくのを何としても阻止しようと組織の引き締めに躍起となっており、如何にも組織を上げて小池潰しに走っているような印象があるが、どんなに組織の引き締めを図っても自民党の支持者の相当部分が小池さんの方に流れていくことは防ぎきれないだろうと思っている。

自民党よりも悲惨なのは、民進党の方である。
民進党は政権与党ではなく、組織らしい組織もなく、また金も力もなさそうだから、どんどん小池さんの方に人が流れていく。まあ、仕方がないことでしょうね、と申し上げておく。

民進党から多くの人が小池新党に流れて行ったとしても、小池新党が偽装民進党になるわけではない。
脱政党化が進んだだけだ、と思っておけば、そう見通しを誤ることはないだろう。

まあ、フランスの大統領選挙の一歩先を小池さんは歩んでいる、ということだろう。
小池さんは、やはり強かである。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年5月9日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」(http://ameblo.jp/gusya-h/)をご覧ください。

早川 忠孝

最終更新:5/11(木) 16:04
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム