ここから本文です

ジムをさぼってしまう理由には、距離が関係していた!?

MEN’S+ 5/11(木) 6:20配信

 スポーツジムを選ぶときにあなたは、自宅からなるべく近いところを選んでいますか? 
 
 せっかく探し当てても、さらには毎月安くはない会費を支払いながらも、いつの間にかサボってしまったりしていませんか?
 
 そこで、ある調査会社がまとめたスポーツジムにおけるサボり症候群(勝手に命名)に関しての調査報告をご紹介しましょう。
 
 問題は、やはり“距離”にあったようです! しかもわずかな差でその結果は…。

あなたの汗が、痛みを伴う医療検査に取って代わる日が来るかもしれない

 結論から言いますと、ジムに行くか?行かないか?を決めるのは、距離の問題が関係している可能性が大いにあるのです。 
 
 事実、「ウォールストリートジャーナル」に掲載された記事によれば、「1.4マイル(約2.25km)の違いが会員が定期的にジムに通うか不定期で通うかを分けている」と言っています。 
 
 さらに、調査会社Dstilleryが750万台のモバイルデバイスから収集したデータによれば、ジムの会員(会費を支払いながら一度も通ったことのない人は除く)は、平均してトレーニング施設から4マイル(約6.43km)以内に住んでいることが判明しました。 
 
 ですが、週に5回以上ジムに通う人の自宅からジムへの平均距離は3.7マイル(約6km)であるのに対し、月一回しか通っていない人は5.1マイル(約8.2km)離れていたとのこと。この1.4マイルの差で、自発的な行動が大きく変わってくるようです。 
 
 Dstilleryがチェックしたもう一つの要因は、ジムのクォリティになります。人は安いジムのために、遠くから遥々通おうとは思わないようです。
 
 格安フィットネスで話題となったプラネット・ジムのメンバー(会費:毎月10ドル)に関しては、平均3.2マイル(約5km)の距離に住んでいるとのこと。一方、ブリンク・フィットネス(ジム)のメンバー(会費:毎月15ドル~)はさらに近く、およそ平均2.8マイル(約4.5km)の距離に住んでいるという結果に。 
 
 長い距離を通うだけの価値があるのは、やはり値段の高いジムのほうでした。室内で、爆音で音楽をかけながら、固定された専用自転車を思いっきり漕ぎまくるエクササイズ。いまや人気のソウルサイクル(ジム)のメンバー(First Time Ride 1 Class:20ドル~)は、平均5.5マイル(約8.9km)を通っています。さらに、エキノックス(ジム)のメンバー(一店舗パス:151ドル)となると、トレーニングのために平均5.7マイル(約9.1km)もの距離を通っているそうです。 
 
 2015年の数値になりますが、アメリカ国内5530万人が、ジムの会費に月平均54ドルも支払っていました。急成長しているフィットネス市場に合わせて、これらのクラブ数は2011年から2015年の間に、なんと20パーセント増加したのです。現在、アメリカ国内では3万6000軒を超える数になったそうです。そして、各ジムが数多くの贅沢なオプションを提供しています。
 
 もし会費を払うのなら、通いやすいジム(3.7マイル以内が望ましい)を選ぶか、ソウルサイクルがおすすめとなりますね。さもなければ、費やされる時間とお金との折り合いをつけることは、ほとんど不可能になりますので…。

MEN’S+/Men's Health

最終更新:5/11(木) 6:20

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!