ここから本文です

「ストップ振り込め詐欺」―全国初!柏市振り込め詐欺等被害防止等条例の制定

5/11(木) 11:50配信

政治山

 昨年、振り込め詐欺の被害に遭った女性がハンカチで涙を拭いながら私にこう言いました。「興奮しちゃって、ほんとに騙されたんだなって。その時、なんでこんなにね、振り込め詐欺のことは知っているのに、なんでこんなふうに騙されたのかと思って。絶対騙されないって自分では確信していたのにね。そしたらこういう有様でね、本当に恥ずかしくて。でも子どもを思わない親はいないよ」と…。

1 犯罪減るが、詐欺増える(平成25年4月~平成26年3月)

 柏市内の犯罪数(刑法犯認知件数)が減少する中、振り込め詐欺は右肩上がりで増加しており、平成25年には過去最悪の被害件数77件、被害金額は約3億円となってしまいました。市民一人当たりの被害率を見ると、全国平均と比較して2倍以上にもなっており、柏市において大きな社会問題になっていました。

2 なぜ騙されてしまうのか?(平成26年4月~12月)

 当時、詐欺被害の報道を目にしない日はないぐらいテレビや新聞等で話題になっていました。「オレだよ、オレ!!」「医療費還付金が戻る」などと言われてなぜ信じてしまうのか。私自身、不思議に思っていました。

 警察庁科学警察研究所の元室長である清永賢二氏に相談したところ、私の上記の疑問を解消するためには、市職員である自分が柏市内の詐欺被害を調査するべきであると、また、市民の安全を守るのは自治体の責務である、とも強く言われました。

 しかしながら、調査するための予算やその知識を持つ人材も市にはありません。また、被害者を探そうにもその当てはまったくありませんでした。柏警察署に打診したものの、個人情報や捜査事項に該当する可能性があるということで、前向きな回答が得られませんでした。これは本当に市がやるべき仕事なのか、警察の仕事ではないのか。一方では、詐欺被害が増えている中、私は日々途方に暮れていました。

 そんな時に「柏市老人クラブ連合会」の大内邦夫事務局長にお会いする機会があり相談したところ、「振り込め詐欺の被害は社会問題になっている。ぜひ老人クラブとして、詐欺被害の調査に全面的に協力したい」とのお申し出があり、会員全員の詐欺被害アンケート調査の実施に協力いただけることになりました。

 全会員6,336人分のアンケートを作成して、106の単位老人クラブごとに振り分け、要望があれば老人クラブごとに説明会を行い、振り込め詐欺被害の実態やアンケートの趣旨等を丁寧に説明したところ、5割強に当たる3,241人の回答をいただくことができました。

 このアンケートから、(1)34人(1%)が実被害者(被害に遭っていた)、(2)309人(9.5%)が被害者化予備軍(遭いそうになった)、(3)年齢層が高い方が被害に遭いやすい、(4)男性より女性の方が被害に遭いやすい、(5)近所付き合いが濃密であっても被害に遭う、(6)詐欺電話は市内全域に発生している、(7)被害は、より都市化されている松戸市寄りの地域に集中していることがわかりました。

 当初は、「『独居暮らし等で家に閉じこもりがち』の『どちらかというと高齢者』が被害に遭っている」と想定していましたが、調査の結果、「子や孫等の多数の家族と暮らし、町内会等の活動や近所付き合いを行う社会性のある方が多く騙されている」ことが見えてきました。何気なく普通に暮らしている方が、ある日突然振り込め詐欺の被害者になっている実態が数多くあり、誰でも被害者になり得ることがわかりました。

 このことから、個人による対応には限界があり、普段の犯罪抑止の活動と同じように、住民、事業者、警察、市(行政)等が連携し、社会全体で詐欺に対抗する必要があることを認識しました。そしてその行動を後押しする意味でも、詐欺撲滅条例の制定が必要であるとの思いを強くしました。

1/3ページ

最終更新:5/11(木) 11:50
政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社VOTE FOR

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ