ここから本文です

楽天、不振のウィーラー、アマダーに一発が飛び出し快勝!2戦連発のアマダー「池山コーチに感謝」

5/11(木) 21:05配信

ベースボールチャンネル

 11日、東北楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズの一戦がKoboパーク宮城で行われ、4-1で楽天が勝利を収めた。

独立リーグ唯一の女性投手「ナックル姫」。25歳の素顔

 楽天先発・釜田、ロッテ先発・佐々木で始まった試合は、楽天が助っ人の本塁打で試合を優位に進めた。

 初回、茂木が四球、島内が安打で出塁すると、4番に座るウィーラーに今季3号となる本塁打が飛び出し、3点を先制した。本塁打を放ったウィーラーは、笑顔で以下のように話した。

「打ったのはスライダー。昨日はアマダーが初回に打ってチームに勢いを与えたからね。甘いボールが来たらしっかりスイングすることだけを考えていたよ。今日は自分が打つことができて良かった。これでチームに勢いがついてくれるといいね」

 そして、4回にはアマダーに2日連続となる本塁打が飛び出し、楽天は試合前半で4点を奪った。

 2日連続となる本塁打を放ったアマダーは、以下のように語った。

「打ったのはストレート。ペゲーロがピンチを救ってくれた後だったからね。先頭だったし、塁に出ることを考えて食らいついたのが良かったかな。4月に迷惑をかけた分、これからどんどん取り返していきたい。練習に付き合ってくれている池山コーチに感謝だね」

 投げては、先発・釜田が5回を72球で1失点と試合を作り、6回以降は福山・森原・ハーマン・松井裕が1イニングずつを無失点に封じ、勝利を収めた。

 5回1失点という内容で今季2勝目を手にした釜田は、以下のようにコメントした。

「もっと長いイニングを投げたかったですが、毎回のようにランナーを背負ってしまいました。守ってくれている野手の皆さんが難しい打球を処理してくれたり、初回にも点数を取ってくださり、感謝しています。 今後は先頭をしっかりと抑えて、三者凡退で終わらせることで次の攻撃のリズムに繋げることを意識していきたいです」

 ロッテとの3連戦を2勝1敗で勝ち越し、13日からは2位・ソフトバンクとの首位攻防戦に臨むことになった楽天。勢いに乗り、週末の連戦でソフトバンクとのゲーム差を広げたいところだ。

ベースボールチャンネル編集部