ここから本文です

エディー前HC、“死の組”警戒もV宣言「W杯優勝という究極の目標を目指していく」

5/11(木) 8:10配信

THE ANSWER

前日本HCエディー氏率いるイングランド、強敵揃いのC組「とてもエキサイティング」

 ラグビー19年ワールドカップ(W杯)日本大会1次リーグ(L)の組み合わせ抽選会が10日、京都迎賓館で行われ、前回15年大会で日本を躍進に導いたエディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)率いるイングランドなども、組み合わせを速報で配信。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」ではエディーHCのコメントを紹介している。

【画像】ラグビーワールドカップ 2019 日本大会 プール組分け

 初の決勝トーナメント進出を狙う世界ランキング11位の日本は、同4位のアイルランド、同5位のスコットランドなどと同じプールAに入った。同局も「アイルランドとスコットランドは、ホスト国である日本と一緒のドローになった」と注目している。

 一方、前回1次L敗退の憂き目に遭ったラグビーの母国イングランドが入ったプールCはフランス、アルゼンチン、アメリカ第1代表、オセアニア第2代表と厳しいグループ分けになった。

 前回の15年大会で日本を去り、イングランド再建の重責を担っているエディーHCは、この組み合わせ抽選会を現地会場で見つめていた。

4大会ぶりVに意欲「勝ち抜くためのプランとトレーニングはすでに始まっている」

 記事によると「すべてとてもエキサイティングだ。アルゼンチンとは6月に2試合、テストマッチを行う。フランスもここ2年で大きく成長し、危険なチームだ」と“死の組”を警戒しながら、4大会ぶりの優勝に意欲を燃やしている。

「我々は2019年W杯に優勝したいと思っているし、勝つための準備をする必要がある。このプールはとても激戦区だ。大会を勝ち抜くためには7試合に勝利する必要があり、対戦するすべてのチームを大いにリスペクトする。大会に向けての計画はここから始まる。実戦やトレーニングを通じて進歩し、W杯優勝という究極の目標を目指していく」

 このように世界一を狙うと宣言すると同時に“古巣”への思いも吐露。「日本はユニークな国で、独特な文化とラグビーもある。誰もがこの大会を楽しみにしている」と、長年住んだ日本への愛着も見せている。

 日本の躍進と同時にエディー采配にも注目が集まることが予想される中、ラグビーの母国をどれだけ闘う集団に仕上げてくるだろうか。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:5/11(木) 8:10
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。