ここから本文です

英国、知られざる「宇宙開発」の現場を訪ねて

5/11(木) 12:30配信

WIRED.jp

「宇宙開発」といわれると、つい冷戦下の米国と旧ソ連の開発競争を思い浮かべてしまうが、さまざまな国で宇宙開発は行われている。たとえば、英国は人工衛星の打ち上げこそ行っていないものの、設計製造分野では世界的に大きなシェアを占めているのだ。写真家ジェームス・ボールは、知られざる英国の宇宙開発の現場に迫った。

知られざる英国の宇宙開発の現場に迫る!

20世紀後半、米国と旧ソビエト連邦(ソ連)が盛んに宇宙開発を進めていたことはあまりにも有名だ。それぞれが人工衛星を打ち上げ月面着陸を目指すさまは、さながらレースのような様相を呈していた。しかし、当たり前だが米ソ2国以外の国も宇宙開発を進めている。

ロンドン在住の写真家、ジェームス・ボールが目をつけたのは、英国の宇宙開発事業だ。英国は1962年にNASAと共同で人工衛星を打ち上げ、米ソに次ぐ世界で3番目の衛星保有国となった。さらに1971年には国産の人工衛星打ち上げに成功し、自力で人工衛星の打ち上げに成功した世界で6番目の国となる。もっとも、その後は高コストを理由に国産衛星の打ち上げは中止されてしまったのだが。

ボールが英国の宇宙開発事業に迫ったプロジェクト『Britain in Space』に着手したのは、2012年のことだ。「かつてわたしはロケットの打ち上げや宇宙開発に夢中だったのですが、英国で宇宙開発は行われていないように見えました。しかし、宇宙開発の歴史を調べてみたら、英国でも確かに開発が進められていたことがわかったんです」とボールは語る。

その後ボールは10カ所の宇宙開発施設を訪れ、さまざまな実験装置やロケット、研究施設の風景を撮影して回った。ときには撮影した装置の背景を画像処理で切り抜き、装置そのものに宿る工学的な美を際立たせている。真っ白な背景に浮かぶロケットやエンジン、遠心分離機は、まるでSFゲームに出てくるアイテムのようにも見える。

「このプロジェクトを通じて、英国の宇宙産業の成果を称賛したいのです」。そうボールは語る。「このプロジェクトを進めている間にも英国の宇宙産業はどんどん成長していますが、産業と関係ない人はそこで何が行われているのか知らないままなのですから」

事実、英国はロケットの開発や打ち上げこそ行っていないものの、人工衛星の設計製造分野では大きなシェアを占めている。欧州最大の宇宙企業EADSアストリウムは2009年に英国のSSTLを買収しているが、同社は小型衛星の分野で世界最大手といわれている。イギリス宇宙庁は欧州宇宙機関(ESA)に毎年多大な金額を拠出しており、英国の宇宙産業規模は年70億ユーロだといわれている。

もちろん、英国のEU離脱(Brexit)により今後欧州との関係性が変わる可能性は大いにあるだろう。一方で、米国やアジア諸国の宇宙事業との連携が生まれる可能性もある。注目を浴びる機会は少ないかもしれないが、英国の宇宙産業も大きな転換点を迎えているのだ。

WIRED.jp_IS

最終更新:5/11(木) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。